現在の場所

和泉市の歴史第4巻「信太山地域の歴史と生活」を刊行

和泉市教育委員会は、「和泉市の歴史」の最新刊「信太山地域の歴史と生活」(和泉市史編さん委員会編)を刊行しました。

本書は、信太山丘陵とその周辺に展開する村むらを舞台に、人びとが築いてきた生活の歴史を描き出したものです。

現在刊行中の「和泉市の歴史」は、全9巻そのうち5巻は「地域叙述編」として、市内の地域を5つに分け各地域の歴史叙述にあてるという、非常にユニークな構成をとっています。今回刊行したのは、横山地域、松尾地域、池田地域につづく地域叙述編の四冊目・信太編で、市域の北部に位置する信太山丘陵を中心に展開する地域が対象です。

信太山地域には、大規模な集落址、古墳、須恵器の窯跡、古代寺院信太寺、聖神社など、早くから人が定着し、連綿と人びとの生活の営みが続いていた痕跡が確認できます。中世以降は熊野詣での通過地点として賑わいを見せたこと、近世にはいると、聖神社氏子としての村むらのまとまりの形成や村どうしの争論など、村むらの関係の緊密化や複雑化がつぶさに見てとれます。そして近現代以降、信太山丘陵が陸軍演習場となることによって引き起こされる変化、硝子珠産業の発展、戦後の演習場返還要求から町村合併、現在まで、地域社会の様子が詳しく描かれています。

地域の歴史にたいする関心を、より多くの人に持っていただけるよう、随所に写真、図、表を載せ、わかりやすい記述を心がけました。

本書は、A5判、540ページ、全編カラー、2,857円(税別)。販売は和泉市役所文化財振興課のほか、いずみの国歴史館、信太の森ふるさと館、池上曽根弥生学習館、和泉市久保惣記念美術館で販売。また、インターネットを含む一般の書店でも取り扱っています。なお、書店での購入は、各書店にご注文いただくか、発売元 株式会社ぎょうせい(フリーコール 0120-953-431)までお問い合わせください。

信太山地域の歴史と生活

目次

第1部 信太山地域の歴史のはじまり

 第1章 黎明期の信太  第2章 大和王権の進出  第3章 古代の信太郷  第4章 中世の信太郷

 コラム1 和泉黄金塚古墳と景初三年銘鏡  コラム2 信太山丘陵の須恵器生産  コラム3 信太山地域の仏像

 コラム4 聖神社の建築

 

第2部 信太山の村むらの形成

 第1章 信太山地域における村の成立  第2章 17世紀の村むらと信太山丘陵  第3章 信太山丘陵西部の村むら

 第4章 南王子村の確立と展開  第5章 信太明神社と信太山をめぐる諸関係  

 コラム5 西教寺の成立過程と本堂の建築  コラム6 近世の蔭凉寺  コラム7 上代赤井家の社会的位置

 

第3部 近現代の信太山丘陵と地域社会

 第1章 信太山丘陵の近代  第2章 地域社会の変容  第3章 昭和戦前期から戦時下の信太山地域

 第4章 戦後の信太山地域

 

「和泉市の歴史」刊行計画

地域叙述編5巻・テーマ叙述編3巻・通史編1巻 全9巻

1.地域叙述編 横山 「横山と槙尾山の歴史」(既刊) 2,857円(税別)

2.地域叙述編 松尾 「松尾谷の歴史と松尾寺」(既刊) 2,857円(税別)

3.地域叙述編 池田 「池田谷の歴史と開発」(既刊) 2,857円(税別)

4.地域叙述編 信太 「信太山地域の歴史と生活」 2,857円(税別)

5.地域叙述編 府中 

6.テーマ叙述編1 「和泉市の考古・古代・中世」(既刊) 2,000円(税別)

7.テーマ叙述編2

8.テーマ叙述編3

9.通史編

別編 和泉市50年のあゆみ(既刊) 売り切れました

 

和泉市の歴史4『信太山地域の歴史と生活』正誤表

地図情報

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会生涯学習部 文化財振興課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8163(直通)
ファックス:0725-41-0599
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ