現在の場所

有害鳥獣による農産物被害について

市では、農業被害対策として、アライグマ捕獲協力報償金制度を実施しています。
市で貸し出す捕獲檻等にてアライグマを捕獲した場合、捕獲者に対して1頭あたり2,000円を上限に報償金を交付します。

注1:事前に申請が必要です。
注2:個人所有の捕獲檻、捕獲檻以外の方法で捕獲した場合は原則対象外となります。
注3:アライグマが死亡している場合は対象外となります。

アライグマの被害について

数年前から市内でアライグマが急増し、すいか・とうもろこし等の農作物が食い荒らされたり、池の鯉が襲われたりする被害が発生しています。
最近では、家屋に侵入し、屋根裏で繁殖するなどの生活被害も発生しています。
また、カエルや鳥の卵・ヒナが食べられたり、タヌキの生息場所が奪われるなど、生態系への影響が問題となっています。

アライグマを見かけたときは

追い詰めたり、脅かしたりしなければ攻撃してきませんが、近づくと噛み付いたり、引っ掻いたりするおそれがあります。
また、野生動物は感染症菌を保有している可能性があります。
大変危険ですので、絶対に近づかないでください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 農林課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8125(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
農林業

ページの先頭へ