現在の場所

信太の森ふるさと館

入館料 : 無料
開館時間 : 午前10時~午後5時
休館日 : 毎週月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始
所在地 :
〒594-0004 和泉市王子町914-1 
信太の森の鏡池史跡公園信太の森ふるさと館
電話・ファックス:0725-45-0605

 

信太の森
聖神社・信太山一帯に広がっていたと考えられています。農地の拡大、須恵器の生産などで植生は変化しました。明治以降、大部分が陸軍や自衛隊の演習場となり乱開発をまぬがれてきました。そのため、大阪のオアシスともいうべき貴重な自然環境を残してきました。

信太の森の鏡池史跡公園
かつての信太の森の中心部に近く、聖神社の宗教儀礼の場であり、「葛の葉伝説」の舞台として伝承されてきました。このほとりで、白狐と保名が出会ったとされ、最後の童子丸(晴明)との別れの場でもあったと伝えられています。(和泉市指定史跡)

 

展示室
 信太の森は安倍晴明誕生の「葛の葉伝説」や和歌・文学のふるさと。文楽、歌舞伎、瞽女唄(ごぜうた)や文学、ゆかりの地などを写真や資料で紹介。また、植物、野鳥や昆虫や歴史なども紹介しています。

学習室
(これからの予定)

  • 信太の森語り部講座
  • 工芸教室
  • 野外観察
  • SNC(信太山自然クラブ)
  • 夏休み特別講座(昆虫採集のしかた)など

常設展「信太の森・くずの葉の世界」-自然・歴史・文化-

開催日時 : 午前10時~午後5時
内容 : 藤原重夫氏が描く幻想的な「信太の森」や「森と人びとのくらし」、写真で見る「信太山周辺の昭和の世界」、信太山の昆虫・野鳥・植物の写真や標本をはじめ、信太千塚・信太寺跡の出土品、葛の葉伝説・文楽・瞽女(ごぜ)歌・ゆかりの地案内など
入館料 : 無料
鉄道  : JR阪和線 北信太駅 南へ徒歩20分
バス : (北信太駅筋から)南海バス「鶴山台」方面行き
「鶴山台センター」下車徒歩5分

地図情報

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会生涯学習部 文化財振興課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8163(直通)
ファックス:0725-41-0599
メールフォームでのお問い合わせ
歴史

ページの先頭へ