現在の場所

南横山小学校の炭焼き体験学習を見学しました

皆さんこんにちは。学校教育部の並木です。


1月30日(木曜日)と31日(金曜日)で行われた和泉市立南横山小学校の炭焼き体験学習を見学しました。南横山小学校は、自然豊かな環境に恵まれ、市内で唯一の学校林を持っており、地域の協力のもと特色ある学校づくりを行っています。この炭焼き体験学習もその一環です。

昔から南横山小学校区周辺では、炭焼きが有名で、都への献上品とされていたそうです。地域の伝統を守るため、毎年地域の方を講師に招いて、6年生による炭焼き体験学習を行っています。

児童が昨年12月に学校林から切り出しておいたクヌギ、樫などの原木を用いてPTAや地域の人たちの協力で作った「炭焼き窯」で2日間かけ炭を焼き上げます。


1日目は、講師の指導のもと、原木を『クズのつる』で結わき、窯入れする工程を6年生が行い、その様子を他学年の児童が見学していました。また、夜には炭焼き見学会があり、多くの児童・保護者・先生が窯の様子を見学に来ていました。

 

        窯の中を薪を燃やして温めている写真      窯にある小窓から中の様子を見ている子どもの写真   

 

2日目は、6年生は「炭出し」を体験させてもらいました。窯に近づくと強烈な熱気が感じられます。友達が赤々とした大きな炭や長い炭をうまく窯から引き出すことができた時は、自然と歓声があがり、拍手がおこりました。

引き出した炭は、端の方に寄せて灰をかけて冷やした後、取り出し、大きさや形によってコンテナに分別しました。
 

        エグリという道具で、できあがった炭を窯から取り出している写真      講師の方が炭の取り出し方を教えている写真   

 

焼きあがった炭は、子どもたちが「学校門前」、「葉菜の森」(大野町)、「あみだ寺」(大野町)で販売します。

 

寒さ厳しいこの季節だからこそ、赤々と燃える炎の熱さ、そして、あたたかさを実感することができます。南横山小学校だからこそ経験できる「生きた」学習でした。
地域の伝統を受け継ぎ、資源の大切さや昔の人の知恵や工夫を伝える素敵な学習でした。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 学校教育部指導室 指導担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8159(直通)
ファックス:0725-43-5220
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ