現在の場所

認知症サポーターがだんじり曳行

だんじり認知症サポーターがいっぱい

皆さんこんにちは。

生きがい健康部長の辻林です。

今年の夏は台風が多く来襲したり、猛暑が続いたりで本当に大変でしたね。

皆さん体調など壊されていませんか。

季節の移り変わりも体調を壊しやすい時期ですので、

くれぐれも体調管理には気を配ってくださいね。

秋祭りもひと段落して、いよいよ本格的に秋の到来となってきました。

和泉市には約40台の大型だんじりや神輿(みこし)があり、

各地で若者を中心に盛り上がっていますが、今回はその若者が認知症のことを知り、

その人を支援する取組を紹介します。

すでに近隣の市町村でスタートした取り組みで、

本市でもうれしいことに取り組みがはじまりましたので、紹介させていただきます。

だんじりの前で認知症サポーター大集合

オレンジリング

認知症サポーター養成講座を受講
認知症サポーター養成講座を受講している様子

内田町のだんじりを運営する若者ら115人が

認知症サポーター養成講座を受け、だんじり曳行(えいこう)の際に、

その証であるオレンジリングを腕に付け、

それによって認知症のことを多くの人に知ってもらい、

だれもが認知症になっても地域で安心して暮らしていける社会の実現に

つなげていこうとするものです。

オレンジリングを付け疾走1
オレンジリングを付け疾走2

発起人は内田町のだんじりの若頭の和田力門(わだりきもん)さん。

和田さんは地元の内科医で、和泉市医師会の理事も兼務しており、

和田さんの呼びかけに賛同した人約115人が9月26日に

認知症サポーター養成講座を受け、10月6日のだんじり曳行で

オレンジリングを腕に付け街中を走り回っていました。

和田さんは「多くの市民にオレンジリングのことを知ってもらう

いい機会になれば、将来和泉市が認知症にやさしいまちとして繁栄し、

みんな笑顔で暮らせるまちになれば最高。」とお話しされていました。

市では、いくつになっても地域で自分らしく生活できるよう

様ざまな施策を行っていますので、皆さんのご理解、ご協力をお願いします。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 高齢介護室 高齢支援担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8132(直通)
ファックス:0725-40-3441
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ