現在の場所

杉本 彩さんの講演会に行って来ました!

  こんにちは、生きがい健康部長の立花です。

  11月10日(日曜日)夕刻、和泉シティプラザ・弥生の風ホールにおいて市内動物保護団体「いずみしっぽクラブ」さんが主催で「人と動物がしあわせに共生できる社会を目指して」というテーマで、杉本彩氏による講演会が開催されましたので、私も参加させていただきました。

講演会場の様子

  皆さんご存知のとおり、杉本彩さんは有名女優ですが、同時に公益財団法人動物環境・福祉協会Evaの代表理事として動物愛護に関する講演を全国各地で行っておられます。

  まず、辻市長と杉本彩さんのトークショーでは、市長自ら保護猫活動をされるなど、動物愛がハンパでないことが明らかになり、杉本彩さんも心から信頼された様子でした。

  続く講演会では、今年改正された動物愛護法の内容(生後56日以内の犬・猫の販売禁止や動物虐待の厳罰化、マイクロチップの装着義務化等。この改正法の施行は公布の約1~3年後の予定)を中心に、ペットとして繁殖される犬・猫を取り巻く環境や、法改正に向けた杉本彩さんと仲間の皆さんの熱心な活動が紹介されました。

  私が特に印象深く思った内容をお話しますと・・・・

  悪質な犬繁殖業者による飼育環境の写真、動物虐待厳罰化の契機となった埼玉県の動物虐待事件とその裁判状況、動物を虐待する画像を動画配信サイトに投稿する事案が今も後を絶たないこと等、動物に対する現状を語っておられました。

  さらに、杉本彩さんは神戸連続幼児殺傷事件を例に挙げ、動物への虐待は人間への攻撃にエスカレートする危険性があると訴えていました。

  またマイクロチップの目的は、迷い犬、猫を特定するだけでなく、「トレーサビリティ」を高め、先天性の病気をもつ犬や猫の繁殖を食い止める役割もあると述べておられました。(注釈 トレーサビリティとは、栽培や飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にすること、またその仕組み。追跡可能性とも言われる。)

  私も講演全体を通して、ペット産業の健全な発展と動物愛護の趣旨普及が急務であると感じさせられました。

  和泉市では、啓発用チラシの製作や飼い主がいない猫の不妊・去勢手術に助成を行ったり、また今はこうした事業の財源とするため、ガバメントクラウドファンディグによる寄付金の募集を行うなどの取り組みを行っています。

  今後とも「人と動物が共に暮らせるまち」を目指して、公民協働で取り組んでまいりますので、皆さまからのご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

入場の様子

  最後に、杉本彩さんは、やはりお綺麗でした!

また講演会開催に協力されていたスタッフの皆様の笑顔も輝いていました。皆様、本当にお疲れ様でした。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ