現在の場所

飼い主がいない猫の不妊去勢手術費用の助成制度について

 みなさん、こんにちは、生きがい健康部長の辻林 です。

 

 今回は、飼い主がいない猫の不妊去勢手術費用の助成制度について、ご紹介します。

 みなさんは、さくら猫をご存知ですか?飼い主のいない猫ですが、不妊去勢手術を受けて、

片耳をV字にカットしている猫です。

 和泉市では、かわいそうな猫を増やさないために、平成28年度から、飼い主のいない猫の

不妊去勢手術の助成事業を始めました。今年度も6月1日から助成金の受け付けをはじめます。

昨年度に申請いただいた方々からのご意見等を踏まえて、下記のとおり一部取り扱いを変更

していますので、ご注意ください。

 

 

さくら耳猫

1. 団体は事前登録が必要

2. 1世帯3匹まで、団体は20匹まで

3. 申請は手術後(片耳カットは必須)

4. 申請多数の場合は、予算の範囲内で公開抽選し、交付を決定します。

 

前期抽選会:平成29年10月、後期抽選会:平成30年2月

 

 また、5月1日から猫の捕獲用ゲージの貸し出しも行っています(下記写真参照)。

なお、その他詳細につきましては、保健センター(リンク先)までお問い合わせください。

 

猫捕獲ゲージ1

猫捕獲ゲージ2

関連リンク

飼い主のいない猫の不妊去勢手術の助成金を交付します

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ