現在の場所

消費者月間啓発キャンペーン

5月は「消費者月間」です

こんにちは。生きがい健康部長の辻林です。

今回は、先月5月30日に実施しました消費者月間啓発キャンペーンについて、ご紹介します。

消費者月間は毎年、統一テーマをもとに全国各地で消費者問題の啓発事業が取り組まれています。

今年度は、「行動しよう 消費者の未来へ」が統一テーマで、安全・安心で豊かに暮らすことができる社会の実現を目指します。

消費者月間啓発キャンペーン

5月30日の「消費者の日」には、消費者被害の未然防止のために、和泉府中駅及び和泉中央駅付近で街頭啓発を実施しました。日常生活をおくる上で、消費生活に関心をもっていただき、何か困りごとがありましたら、消費生活センターへご相談ください。

駅前での消費者月間啓発キャンペーンの様子

駅前での消費者月間啓発キャンペーンのチラシ配布の様子

当日は、消費のサポーターの皆様にご協力を頂きました。暑い中、本当にありがとうございました。

本市の消費者被害の傾向

 近年、情報化・サービス化の進展に伴い、消費生活相談は複雑多様化し、高齢者層からの 相談も増加しています。

平成28年度、消費生活センターに寄せられた相談件数は1,269件です。

 相談の多い主な内容は、デジタルコンテンツ(各種サイト、アダルトの不当請求(ワンクリック含む))、サラ金、健康食品(SF商法含む)、工事・建築(リフォーム)、賃貸住宅、インターネット回線等と多様化しています。

(平成28年度の集計は、平成29年8月頃に消費生活センターホームページに掲載します。)

消費者被害に遭わないための「3つの心構え」と「あいうえお」

<3つの心構え>

  市民の皆さんが消費者被害に遭わないようにするには、3つの心構えが大切です。

 1 不審な人を家の中に招き入れない

 2 その場で決めない(契約しない)

 3 不要なときは、きっぱり断る

<あいうえお>

 消費者トラブルに遭わないための あ・い・う・え・お

あ⇒ あけない出ない

い⇒ いりませんははっきりと

う⇒ うまい話は要注意

え⇒ 遠慮なく周りに相談

お⇒ おかしいと思ったら、すぐに相談

 

(あいうえおは、大阪府消費生活センターからのお知らせ:保存版より)

 

消費者月間啓発キャンペーンチラシ(PDF:235.9KB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号(和泉市役所2号館2階)
生きがい健康部 福祉総務課
和泉市消費生活センター
電話0725-41-1551(代表) 0725-47-1331(直通)または188(いやや)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ