現在の場所

災害に備えて、、、岸和田市と連携した緊急連絡管応急給水訓練

皆さん、こんにちは。上下水道部の森下です。

梅雨も明け、猛暑日が続いていますが、熱中症予防には水分補給が有効とされていますので、私は冷蔵庫で冷やした水道水を飲んでいます。皆さんも安全・安心でおいしい水道水をこまめに飲んで体調管理に心がけてください。

最近、地震や集中豪雨などの自然災害が頻繁に起こっています。上下水道部では、いつ発生するか分からない災害に対して、迅速な対応ができるよう、さまざまな取り組みを行っています。

その一つに、緊急連絡管があります。緊急連絡管とは、隣接する市と市が接続している水道管のことで、和泉市は岸和田市、泉大津市及び高石市との間に計5か所の緊急連絡管を設置しています。平常時は、各市の水道は、それぞれの市域のみに水道水を供給していますが、災害や漏水により、例えば、本市の水道施設に被害が起こった場合に、緊急連絡管を経由して他市からの水道水を供給できるようにするものです。

今回は、和泉市小田町地内で漏水事故が発生し、断水したという想定のもと、訓練を行いました。その様子をご紹介します。

訓練は、和泉市内で漏水に伴う断水が発生し、和泉市から岸和田市へ応急給水要請を行い、岸和田市がこれを受諾、その後、両市の担当者が現地へ参集し、仕切弁の操作、連絡管部分の洗管、通水した水道水の水質・水圧検査を互いに協力しながら行いました。

 

訓練手順を確認している写真

                         岸和田市職員と操作手順を確認

 

下図は、緊急連絡管の模式図です。平常時は両市の端部にある仕切弁を閉止しているため、緊急連絡管には水道水は流れていません。今回は、岸和田市側から、和泉市側へ通水するため、まず岸和田市側の仕切弁と洗管用消火栓を開け、連絡管を洗管します。その後、水質・水圧検査を行い、和泉市側の仕切弁を開け配水します。

 

訓 練 風 景~

 

消火栓による洗管作業中の写真

     洗管用消火栓による洗管作業

仕切弁を操作している写真

       和泉市側の仕切弁操作

                  

 

 

洗管後に水質を確認している写真

濁度、色度、残留塩素等、洗管後の水質確認

配水前に水圧を確認している写真

    洗管用消火栓を用い、水圧を確認

 

ご覧のように、いかなる時も、安全・安心な水道水を供給できるよう、入念な作業を行っています。

これからも、市民の皆様に安全・安心な水道水を継続してお届けできるよう、近隣市との連携強化を図りながら、今回ご紹介した訓練などを継続実施し、職員の災害対応力の向上に努めてまいります。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0041
大阪府和泉市いぶき野五丁目4-11
和泉市 上下水道部 水道工務課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8151(直通)
ファックス:0725-57-0052
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ