現在の場所

ぼくらの探検~小学校4年生の社会見学~

皆さんこんにちは。上下水道部の森下です。

梅雨明け前の天候不順の日が続いていますが、こんな時こそ安全・安心でおいしい水道水をこまめに飲んで、体調管理を心がけてください。

上下水道部では毎年、小学校4年生を対象に浄水場の施設見学会を行っております。 なぜ4年生対象かといいますと、社会科の授業で『健康なくらしをささえる』ことについて学んでおり、『ごみの処理や私たちが毎日使う水道を調べ、それらのしくみや人々のはたらきについて考えてみましょう』ということで、ちょうど学習内容に合っていることから、そのタイミングで浄水場を見学することで、水の大切さや、水道水が安全で安心して飲める水であることを知ってもらいたいからです。

和泉市には、父鬼町と和田町に浄水場があり、今年は、父鬼浄水場には南横山小学校(7月4日実施)、和田浄水場には、南池田小学校(7月11日実施)の4年生が見学に来ました。

 

写真は、和田浄水場での見学会の様子です。

 

(沈でん池見学の様子)

(凝集沈でん池見学の様子)

水づくりの進んでいく様子を見ているところです。

 

見学の途中で、『水道水は、どこで使われていますか?』と質問してみると、『家庭』、『学校』、『プール』といった答えはすぐに返ってきますが、『消防の消火用水』に使われていることは、あまり知らなかったようです。

 

 

魚類による毒物監視

(魚類による毒物監視の様子)

金魚で原水(浄水処理前の水)に毒物が混入されていないことを確認していることを説明すると驚いていました。

 

 

水質試験の説明の様子

(水質試験についての説明の様子)

水質試験をなぜ行うのかの説明を熱心に聞き入っていました。

 

日ごろ、あたりまえのように水道水が使われていますので、改めて『水道水のつくり方は?』と問われたら答えられない大人の方もおられるのでは? 〇〇ちゃんに『ボーっと生きてんじゃねーよ!』と叱られるかも・・・!?

子どもたちには、施設見学の中で『水づくりの工程』、『水質検査』について学んでもらい、最後に質問の時間をとることで、内容を充分に理解してもらったと思っています。また、家に帰ってからも『今日、浄水場の見学に行ってきたよ』とか『水ってどうやってつくられているか知ってる?』などの会話が交わされたのではないでしょうか。

上下水道部では、小学生とその保護者を対象とした夏休み施設見学会(和田浄水場)を8月3日(土曜日)に開催します。詳しくは、7月号の広報いずみやそれに折り込んで配布しました『上下すいどうだより』をご覧ください。まだ、定員には余裕がありますので、興味を持たれた方はぜひ、申し込んで下さい。

 

上下すいどうだよりはこちら

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0041
大阪府和泉市いぶき野五丁目4-11
和泉市 上下水道部 浄水課
電話:0725-92-8168
ファックス:0725-57-0052
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ