現在の場所

和泉市の農業を満喫・・・

みなさんこんにちは、環境産業部長の木岡です。

 

ゴールデンウィークも終わり、これから本格的に気温も上昇してきます。季候の変化により、体調を崩されないようご注意ください。

 

さて、今回は5月13日(土曜日)に開催された農林課のイベントについてご紹介させていただきます。

 

農林課では毎年「いずみふれあい農の里(和泉市農業体験交流施設)」を拠点とした「和泉市の農業を満喫しませんか」というイベントを開催しています。

 

この時期、横山地区ではみかんの花が盛期を迎え、その景観や香りを感じながら地域を散策いただくとともに、いちご狩りやさつまいもの植え付けなどの農業体験や地元農産物の買い物など、盛りだくさんの内容となっています。

 

当日の天候はあいにく朝から雨が降っていましたので、予定を一部変更しながらの実施となりましたが、キャンセルされる方もなく、みなさんご参加くださいました。

 

はじめに、ビニールハウスでのいちご狩りを体験していただきました。

ビニールハウスでは、「さがほのか」、「とちおとめ」、「おいCベリー」など全部で9品種が栽培されていて、参加された方は、いくつかの品種を召し上がり、それぞれの甘さや酸味の違いなどを吟味され、自分たちのナンバーワンを決めておられました。

 

いちご狩りの様子

いちご狩りの様子

 

道の駅「いずみ山愛の里」で昼食をとっていただき、午後からみかんの花咲くウォーキングをスタートしました。

ウォーキングを開始する昼過ぎには雨も上がり、ちょうど心地よい風も吹き始めました。

今年のウォーキングコースは、みかんの花を楽しんでいただくとともに、地元の歴史・地域資源を知っていただこうと、佛並寺(ぶつなみじ)や男及宇刀神社(おのうとじんじゃ)などを周遊しました。

男及宇刀神社は市内在住の方でも初めて参拝するという方が多く、おのうとの読み方や歴史を知ることができたと大変喜ばれていました。

ちなみに、秋祭りではこの神社を出発した御神輿が地元の町を練り歩きます。

傾斜に展開されるみかん園

傾斜に展開されるみかん園

神社へ向かう

男及宇刀神社へ向かう

 

ウォーキングが終了した時には、少し汗ばみながらも達成感に満ちた参加者の顔が印象的でした。

本来なら、地元農家さんによるさつまいもの栽培管理や定植方法などの講座を受けた後、農作業を体験していただくところでしたが、あいにくの雨のため残念ながら出来ませんでした。

 

熱心にさつまいも講座をお聞きになる皆様

熱心にさつまいも講座をお聞きになる皆様

 

 

和泉市にはまだまだ豊かな自然や農地が存在します。

私たちの生活に自然や農業は欠かすことが出来ません。今後もこうした農林業体験を通して、より多くの方々に和泉市の自然や農業に興味を持っていただけるよう情報発信してまいります。

 

また、「いずみふれあい農の里」では、四季折々の農作物の生産から収穫、加工体験まで楽しんでいただけるメニューを多数ご用意していますので、みなさんも是非ご利用ください。

                                              

いずみふれあい農の里 ホームページ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 農林課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8125(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ