現在の場所

子育てに困ったら保育コンシェルジュ

こんにちは。こども部の北野です。

こども部に異動になり一月が過ぎました。本当に新しいことばかりで、必死で仕事を覚えているという状況です。ただ、こども未来室の職員には、こころにゆとりを持ち、笑顔を絶やさずを伝え、年度当初に掲げた「自ら躍動し、連帯感のあるチームを組織し、一年挑戦する。」気持ちで進めています。

また、職員には、「忙しいときほど丁寧に、大切に」、「辛いときこそコミュニケーションを」、「課題から逃げない、そして相談する」、しっかりチーム(連帯感)で仕事する職場

にしようと伝えています。

チームこども未来室(仮称)が、子育てをサポートしますので、不安や困りごとがあればご相談ください。

さて、今回の私のとっておきは、子育て相談として、いつもこころにゆとりがあり、笑顔を絶やさないこども未来室の「保育コンシェルジュ」について紹介します。

「コンシェルジュ」という言葉の意味を検索しますと、『元々フランス語で、本来「集合住宅の管理人」という意味の単語でしたが、徐々に解釈が広がり、ホテルの宿泊客のあらゆる要望に対応する「総合世話係」というような職務を担う職種名として使われるようになっている』とあります。

本室の「保育コンシェルジュ」は、子育てに関すること、サービスに関すること及び就学前の通園に関することなど、あらゆる子育てにかかる相談を受け、形やマニュアルのないサービスを臨機応変に組み合わせ、提供方法を調整し、それぞれのご家族にあった子育てを支援する、まさしく「子育て総合相談担当」です。

 

保育コンシェルジュ紹介

 市内の保育園で30年以上保育に携わってきました。ご家庭に寄り添ってお話をお聞きしながら最敵な保育サービスのご案内をしたいと思います。子育てについての相談もお受けしています。

 

 

保育コンシェルジュより一言

保育コンシェルジュ相談窓口を開設してからおよそ2年が過ぎました。

子育てに関する相談やこども様の就園についての相談などそれぞれのご家庭に合わせた情報提供など一緒に考えています。また、窓口で提供できなかった情報を後日電話等でお知らせしたり、再度相談時間を設けたりしながら、丁寧な対応を行っています。いままでの主な相談や情報提供をご紹介しますので、お気軽にお越しください。

 

主な相談内容及び情報提供

Q,保育所に入所させたいが近隣にどのような保育園があるかわからない。

 

A,徒歩圏内での保育所や認定こども園の紹介をして、園情報の資料を持ち帰っていただきました。入園前に園見学や育児教室参加をお勧めしました。

 

 

Q,入園して慣れたころから仕事を始めたいと思っていますが、どのような方法がありますか?

 

A、入所の理由として求職活動中でも保育所や認定こども園に入所申請はできます。また、認定子ども園の一号認定で入所後に就労が決まった時点で預かり保育の利用や2号認定への変更相談をする方法もあります。

 

 

Q,来春子どもを幼稚園に入園させたいと思っているが、最近引っ越してきたばかりでそのような園がありますか。

アレルギーの対応をしてくれる園はありますか?

 

A,徒歩圏内の幼稚園及び通園バス利用できる園の情報を提供。

アレルギーについて対応している情報をお知らせしましたが、詳細は園に確認をお願いしました。

 

 

保育コンシェルジュへの相談日時

相談日時

 月曜日~金曜日:9時~11時30分、 13時~16時

(休日・祝日及び年末年始の閉庁日を除く)

場所

和泉市役所こども部こども未来室窓口

電話:99-8137

 (注)不在の場合があります。お電話にて確認の上、いらしてください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室
電話:0725-41-1551(代表)
こども支援担当 0725-99-8136(直通)
こども政策担当 0725-99-8135(直通)
指導担当 0725-99-8164(直通)
保育幼稚園担当 0725-99-8137(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ