現在の場所

一年を振り返って

皆さんこんにちは。こども部長の北野です。

12月に入り、初旬は記録的に温暖な天気でしたが、ここ数日、冬らしく寒い日が続いています。
インフルエンザの感染の報せも聞かれるようになり、いよいよ冬本番が近づいてきたことを感じます。

また、今年は「平成最後の年末」であり、普段の年末と少し違った気持ちで、お正月の準備を進められている方も多いのではと思っています。

私事ですが、昭和63年4月に市役所に入職し、年が明けた直ぐに「平成元年」となりました。
来年5月には新元号となり、「平成」の30年、職員として仕事をさせていただきました。
「平成」を振り返るとその年、その年で様ざまな出来事を思い出し、自身の歴史を感じるところです。

そのような中で、今年4月の人事異動でこども部長となり、平成最後の1年をこども部で仕事をさせていただいています。

今回の「部長とっておき」は、4月以降こども部の取り組み等を振り返って紹介させていただき、今年の反省と新年への活力としたいと思っています。

4月

児童発達支援センター「はつがの園」と連携し保護者相談等を支援

児童発達支援センター「はつがの園」と連携し、こども未来室職員が週一回程度、「はつがの園」に出向き、保護者相談や施設職員の支援に取り組みました。

(センターにつきましては、利用者への支援強化を図り、利用実績を上げ、次年度には利用希望者数が100人を超える予定です。)

新園(認定こども園)開園に向け地元説明会を開始

平成31年4月の新園開園に向け、北西部と中部において事業者と連携し、地元説明会を行いました。(現在まで、中部で3回実施)

5月

北池田幼稚園のあり方について協議

年々園児数が減少(平成30年度在籍数、4歳児6人、5歳児18人)していることについて、保護者及び地域住民の方々に意見聴取や説明会を実施し、平成31年度の4歳児の募集を見送ることの承認をいただきました。

4月の待機児童を大阪府に報告

0歳児から2歳児において、平成30年4月時点での待機児童数が44人であることを大阪府に報告しました。

平成29年4月時点では、待機児童数56人。12人が減となっています。

6月

北池田幼稚園廃園を市議会で可決

市議会第2回定例会において、北池田幼稚園を平成32年4月で廃園することについて、上程し可決いただきました。

全園のブロック塀の調査を実施

平成30年6月に大阪府北部地震が発生しました。
和泉市においては地震による施設の損壊はありませんでしたが、高槻市では、地震によるブロック塀倒壊による痛ましい死亡事故が起こりました。
和泉市でも緊急に市内の公立全園を調査した結果、8園にブロック塀があり、内5園について注意が必要と確認しました。

7月

和泉市こども・子育て応援プラン策定にかかる業務委託事業者を選定

次期(平成32年~平成36年)和泉市こども・子育て応援プラン策定にかかる業務委託業者の選定委員会を開催し、事業者を決定しました。

8月

ブロック塀撤去・新設工事開始

平成30年6月のブロック塀調査で「注意が必要」と確認された5園について、ブロック塀の撤去・新設工事を開始しました。

(平成30年10月に全工事が完了しました。)

9月

北西部の新設認定こども園開園を断念

平成31年4月開園を計画し、事務をすすめていました北西部の認定こども園について、事業者より、地元住民の方々に建設への理解が得られなかったとの理由で、開園を断念する旨の申し出がありました。
今までの地元調整の結果を勘案し、改めて次年度に再募集を行い、平成33年度の4月開園を目途に事務をすすめることに決定しました。

台風21号により園の一部が損壊

平成30年9月に発生しました台風21号で、市内の公立園4園で窓ガラスや扉等が損壊しました。

早急に応急修理等を行い園児の登園に備えました。

暴風警報が発令中であったため、全園休園中で園児に被害はありませんでした。

 

訪問型病児・病後児保育事業を開始

従来の施設型病児・病後児保育に加え、対象者(依頼者)宅等において病児・病後児保育を行う訪問型病児・病後児保育事業を平成30年9月から開始しました。

10月

児童虐待対策等を強化

児童虐待対策等を強化するため、専門職(社会福祉士)をこども政策担当に配置しました。

平成31年度の園児募集を開始

市内の認定こども園及び保育園の2号認定及び3号認定の園児募集を開始しました。

11月

「和泉市こども・子育て応援プラン」に係るアンケート調査を実施

第二期「和泉市こども・子育て応援プラン」の策定に向け、就学前の子どもがいる保護者3,000人、就学児童のいる保護者1,600人を対象にアンケート調査を実施しました。

12月

幼保小連携研修事業を実施

幼保小連携研修事業(「主体的・対話的で深い和泉の学び」をつなぐ事業)を教育委員会学校教育部と連携して実施し、幼稚園・保育園・認定こども園と小学校相互の保育・教育内容を深める取り組みを開始しました。

チームこども部を目指します

今年は、新米部長として全てにおいて積極的な気持ちで取り組みを進めてきました。
しかし、決定していた認定こども園の建設が中止になったこと、大阪府北部地震や度重なる台風襲来の自然災害による想定外の事象が発生したこと、本当に職員とともに強固なチームワークの必要性を改めて実感したところです。

来年度は、和泉市こども・子育て応援プランの策定、施設の適正配置に向けた課題整理、北西部の新園建設事業者の選考、また10月には保育料の無償化が実施される予定となっています。進めるべきことにしっかりと取り組み、災害等の想定外の事象にも迅速かつ確実に対応できる「チームこども部」となることを目指します。

最後に、今年も多岐にわたり多大なご協力、ご理解をいただきありがとうございました。
これから、年末に向けて慌しさが増す中、しっかりと体調管理をしていただき、良いお年をお迎えください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室
電話:0725-41-1551(代表)
こども支援担当 0725-99-8136(直通)
こども政策担当 0725-99-8135(直通)
指導担当 0725-99-8164(直通)
保育幼稚園担当 0725-99-8137(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ