現在の場所

「公立保育所・公立幼稚園のあり方」に基づく整備方針及び説明会開催の案内について

こんにちは。こども部長の北野泰史(きたのやすし)です。

今年も残りあと少しになり、慌しさが増す今日この頃です。

街中では、クリスマスモードで寒い中でも楽しい気持ちと温かな感じを演出してくれています。

また、各園でも季節に合わせた行事を取り入れ、こどもたちに年末年始をわかりやすく、楽しく伝えられるよう工夫した保育を行っています。

今年の冬は暖冬予報が出ていますが、うがいや手洗い(手洗いは手のひらを十分洗うことが必要とのことです)を励行し、しっかりと楽しい冬を過ごし、新学年への準備をしていきましょう。

さて、今回のわたしのとっておきは、平成30年1月策定の「公立保育所・公立幼稚園のあり方」に基づき、整備方針を策定しましたのでその報告と保護者説明会の案内をさせていただきます。

策定の経緯

本市では、平成13年度以降、公立保育所の民営化を推進し保育枠の拡大を図ってまいりました。幼稚園は、保育ニーズの多様化を背景に、特に公立幼稚園では、1学年で20人に満たない園がある状況です。

このことから、子育てに関する新たなニーズや在宅子育て家庭への一層の支援や公立施設として必要な役割を果たすべき姿を再検討し、施設の集約(拠点園化)を図り、民間事業者の力を最大限に引き出すため、「公立保育所・公立幼稚園のあり方」を平成30年1月に策定し取り組みを進めています。

一方で、北西部地域公共施設再編事業の取り組みが進む中で、施設の最適化の観点から「公立保育所・公立幼稚園のあり方」に基づき、整備方針を策定しました。

公立保育所・公立幼稚園のあり方に基づく整備方針

具体的な整備方針を拠点園と統廃合園別に説明いたします。

拠点園として整備する園について

  1. 「国府幼稚園」と「和泉保育園」は統合し、教育センター等の跡地に令和9年度開園を目途に認定こども園として新築再整備します。
  2. 「くすのき保育園」は長寿命化を図りながら、認定こども園として建替え再整備するための計画を作成します。
  3. 「北松尾保育園」と「北松尾幼稚園」は、施設の老朽化に伴う建替え時に認定こども園として再整備します。

統廃合民営化する園について

「芦部保育園」と「国府第二保育園」は、消防庁舎の跡地に令和8年度開園を目途に統廃合民営化を図ります。ただし、国府第二保育園については、園児数などを慎重に見極めながら進めるものとします。

廃園する施設について

「国府第一保育園」、「鶴山台第一保育園」、「北池田保育園」及び「緑ケ丘保育園」は、それぞれの地域の保育ニーズなどを見極めつつ、施設の長寿命化を図りながら廃園時期を検討します。

廃園時期の検討を始める目安としては、市内の北部・北西部・中南部の地域別で、それぞれ同地域内の他の園で廃園する園の在園児を受け入れる見込みがある場合としました。

なお、「北池田幼稚園」は令和2年4月1日、「伯太幼稚園」は令和3年4月1日に廃園が決定しております。

公立園のあり方に基づく整備方針(PDF:735.9KB)

公立保育所・公立幼稚園のあり方に基づく整備方針の説明会を開催

この整備方針につきましては、下記のとおり公立園利用及び将来において公立園への通園を希望する保護者を対象に説明会を予定しています。

日時:令和2年1月18日(土曜日) 午前10時~11時30分

場所:和泉市コミュニティセンター1階大集会室(和泉市府中町二丁目7番5号)

公立園のあり方に基づく整備方針についての説明会案内(PDF:231.8KB)

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室 保育幼稚園担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8137(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ