現在の場所

今年のこども部を振り返って

こんにちは。こども部長の北野です。

8ケ月の令和元年が暮れようとしています。「平成」から「令和」へ歴史的な1年でありましたが、なかなか元号が変わったことへの実感がなく過ごしてきました。初めて経験した「昭和」から「平成」への時と比べ、「令和」へは天皇陛下の生前退位であったことから、心構えもでき、ゆっくりと静かな改元であったなあと感じました。皆さまはいかがですか?
ただ、「昭和」生まれは、一段と古い人間になってしまったような実感だけは強くあります。
でも、まだまだこれからもしっかりと生き甲斐をもって前を向いて進んでいきたいと思っています。

今回の私のとっておきは、この1年のこども部の出来事を振り返り紹介させていただき、自己評価をし、新たな行動へ繋げたいと思います。

こども部の主な実施事業及び決定事項等

【1月】

児童発達支援センター施設見学会を開催

開園3年半を経過しました児童発達支援センターの利用状況等の説明と併せて、施設見学会を開催しました。

児童発達支援センターセンターにつきましては、現在着実に利用者実績を上げ、令和元年度より50人を超える利用者となっています。

 

【3月】

公立保育所・幼稚園で卒園式を挙行

保育所9園で244人、幼稚園4園で97人が、小学校生活に希望と夢をもって巣立ちました。

北松尾幼稚園・保育園の認定こども園化する時期の検討結果をまとめる

「公立保育所・公立幼稚園のあり方」に基づき検討し、認定こども園化の時期を施設の老朽化に伴う建替え時期とすることとしました。

 

【4月】

新園が開園

池田下町に幼保連携型認定こども園和泉中央みのり園が開園。昨年の台風による影響で一部開園となりましたが、6月に全開園しました。

人事異動発令

緑ヶ丘保育園に新任園長が着任し、こども未来室にこども支援担当課長が異動により新たに着任しました。

発達障がい児童等就学前コンサルテーション事業を開始

発達障がい児童等就学前コンサルテーション事業を開始しました。

(事業概要)
5歳児の発達障がい児童を対象に幼稚園・保育園と就学予定の小学校職員に専門講師により、1ケースにつき年間3回指導等を受け、支援力向上とスムーズな学校生活に繋げる事業。

公立保育所・幼稚園で入園式が挙行

保育所9園で992人、幼稚園4園で160人の教育・保育が始まりました。

 

【5月】

大型連休の保育サービスを実施

コールデンウィーク10連休(保育所現場は9連休)の保育を確保するため、一時預かり事業を国府第一保育園で実施しました。

4月の待機児童数を報告

0歳児から2歳児において全市で72人であることを府へ報告しました(昨年度:44人)。

 

【6月】

伯太幼稚園の廃園を市議会に提案

市議会第2回定例会において、伯太幼稚園の令和3年4月での廃園を提案しご可決をいただきました。

 

【7月】

こども・子育て会議を開催

次期(令和2年~令和6年)こども子育て応援プラン策定に向け、令和元年度第1回の会議を開催しました(以後、9月4日【第2回】、10月28日【第3回】に開催)。

(注記)令和2年1月にパブリックコメントを実施し、2月に第4回こども子育て会議を経て、3月に策定予定です。

 

【10月】

無償化がスタート

3歳から5歳の幼児教育・保育にかかる保育料の無償化が始まりました。

園児募集を開始

令和2年度の園児募集を開始しました。

 

【11月】

虐待防止キャンペーンを開催

和泉中央アムゼ広場において、和泉ライオンズクラブのご協力をいただき、和泉警察一日署長に、いずみの国和泉市PR大使の「小出夏花さん」を任命し、児童虐待(暴力、ネグレクト等)の防止を訴えました。

STF和泉のまなびをつなぐ事業研修を実施

昨年度に引き続き、幼保小連携事業研修(「主体的(S)・対話的(T)で深い(F)和泉の学び」をつなぐ事業研修)として、東京大学大学院 秋田喜代美教授、新潟大学 一柳智紀准教授を迎え、市内、全幼稚園、保育園、認定こども園、小学校及び義務教育学校(前期課程)の職員を対象に開催し、就学前と小学校相互の保育・教育内容の理解を深めました。

公立幼稚園・保育園の整備方針を策定

北西部地域公共施設再編事業の取り組みが進む中で、施設の最適化の観点から「公立保育所・公立幼稚園のあり方」に基づき、整備方針を策定しました。

 

【12月】

新設認定こども園運営先法人を選考

こども子育て応援プランに基づき、北西部地域での認定こども園運営先法人の選考を行いました。令和3年4月開園に向け、選考法人と調整をしながら整備を進めていきます。

 

今年もこども施策について多大なるご理解とご協力をありがとうございました

今年は、こども子育て応援プランの策定、施設の適正配置に向けた整備方針の策定、幼児教育・保育無償化の実施、新設保育所等運営先法人選考など着実に進めてきました。また、継続して進めてまいります。ただ、最大の課題であります待機児童の解消については目途が立たない状況で、引き続き、積極的に取り組んでまいります。
その他、こども未来室の運営として「チームこども部」となることを目指しましたが、まだ発展途上です。今年の流行語「ワンチーム」になれるよう気持ちを新たにします。

最後に、今年も多岐にわたり多大なご協力、ご理解ありがとうございました。これから、年末に向けて慌しさが増す中、しっかりと体調管理をしていただき、良いお年をお迎えください。
ありがとうございました。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室
電話:0725-41-1551(代表)
こども支援担当 0725-99-8136(直通)
こども政策担当 0725-99-8135(直通)
指導担当 0725-99-8164(直通)
保育幼稚園担当 0725-99-8137(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ