現在の場所

「久保惣大でき美術館」イベント開催しました!

~久保惣記念美術館でパブリックアートをお披露目~

皆さんこんにちは、市長公室の小泉です。

新緑が目にまぶしい季節になってまいりました。ゴールデンウィークの予定はお決まりでしょうか?

日差しもかなり強くなってきましたので、外出するときは水分補給にも注意してくださいね。

まだ、予定が埋まっていない日がありましたら、たまには、「一日ゆっくり美術館」などはいかがでしょうか。

 

和泉市には知る人ぞ知る「久保惣記念美術館」があります。ここには、国宝2点、重要文化財29点をはじめとする日本と古美術品を中心に浮世絵版画や西洋美術などを含む約11,000点の貴重な作品を所蔵しています。

ぜひ、まだ、行ったことのない方は、ぜひ一度訪れていただきたいと思います。

 

さて、今日はこの久保惣記念美術館で、3月21日に開催された「久保惣大でき美術館」というイベントについてご紹介させていただきます。

このイベントは、久保惣記念美術館を核とした周辺の地域を「和泉・久保惣ミュージアムタウンエリア」に位置づけ、美術館とまちが融和した室の高い空間、また、まちのブランド化を進める「和泉・久保惣ミュージアムタウン構想」の一貫として、行なったものです。

 

<イベントの内容について>

1.久保惣記念美術館本館前にパブリックアートがお披露目されました。

 

久保惣パブリックアートの写真

和風の建物にあえて斬新なパブリックアートを設置しました。

「KUBOSOU」の文字の上には・・・ 「猫!?」

夜は光りますし、インスタ映えしますよ~!

 

この度のイベントの名称にもある「大でき」とは、「とても良い」「お気に入り」「上出来」の意味で、この美術館に所蔵されている歌川国芳の浮世絵「荷宝蔵壁のむだ書(にたからぐらかべのむだがき)」の中に「猫」が描かれており、その横に「大でき」と書かれています。

上のパブリックアートの「猫」は、下の浮世絵をモチーフにしたものです。

歌川国芳の「荷宝蔵壁のむだ書」の写真

歌川国芳の「荷宝蔵壁のむだ書」

 

「荷宝蔵壁のむだ書」とは?…この作品が描かれた時は、浮世絵に歌舞伎役者を描くことが禁じられていました。

そのため、「この絵はただの落書きである」と示すように、ユーモラスに描かれたものであるなどと言われているようです。

 

 

2.子どもたち(北松尾小学校)の作品も展示され、美術館には多数の作品が展示されました。

子どもたちの大でき写真

女の子ふたりの大できの写真

 

 

3.グッズの販売も行ないました。

グッズの販売の写真

 古書や「大できネコ」をプリントしたTシャツなどを販売しました。

 

 

4.美術館新館の玄関前では、おいしいカレーの販売も行ないました。

「ニモアルカモ」さんのカレーの写真

  「ニモアルカモ」さんのカレー

     和泉市食材を使用し、とても美味しく行列ができていました。

 

 

5.「大でき」直売所も開催

いずみの里とかつらぎ町の販売写真

 「いずみの里」さんが地元野菜や果物を販売。

友好姉妹都市のかつらぎ町からも出張販売に来てくれ、

共同販売を行いました。

 

 

会場の久保惣記念美術館の写真

 会場は久保惣記念美術館  こどもたちもいっぱい

茶道教室の写真

 茶道教室も開催され、幅広い世代が来客

 

当日は、悪天候にもかかわらず、約1100人もの来場者が集まってくれ、パブリックアートや子どもたちが描いた作品などを見て楽しんでくれました。

 

和泉市では、今後もこの久保惣記念美術館を中心とした、「和泉・久保惣ミュージアムタウン」をおしゃれで活気のあるまちとなるよう、色んな仕掛けをしていきます。

 

このイベントを含めた、久保惣ミュージアムタウンについては、CATVのJ:COMで放映されました。

既にテレビ放送は終わってしまっていますが、下記サイトにて、視聴可能ですので、是非、ご覧ください。

 

いずこれ 世界へ発信!アートな観光地

 

この和泉・久保惣ミュージアムタウンエリアは、美術館だけでなく、「ひつじ公園」や「いずみの国歴史観」、「松尾寺」などの施設、また、周辺にはおいしいレストランやスウィーツのお店などもたくさんあります。

ぜひ、一度、皆さんもこのミュージアムタウンを訪れ、散策してください。お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

 

<久保惣ミュージアムタウン内のその他の取組み>

1.Osaka Free Wi-Fiが整備され、インターネットの利用がしやすくなりました。

 

2.観光案内板の整備

和泉中央駅等にある観光案内板を更新しました。

近年の外国人来訪者に対応するため、英語、中国語、韓国語も併記しました。

和泉中央の観光案内板の写真

路面表示の写真

立看板だけでなく、ミュージアムタウン内のお店や風景を楽しみながら、歩いて美術館まで行けるよう、路面表示も整備しました。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 いずみアピール課 シティプロモーション係
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8101(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ