現在の場所

平成30年7月豪雨及び平成30年台風第21号で居住する家屋が被災された方へのご案内

 平成30年7月豪雨及び平成30年台風第21号により、居住する家屋が被災された方を対象とした支援制度「和泉市被災者生活再建支援金」を開始しました。

対象者

 本市に居住し、居住する家屋が以下の被害と認定された世帯

(1)全壊世帯

(2)大規模半壊世帯

(3)解体世帯

  上記(3)解体世帯とは、以下のアまたはイのいずれかに該当する場合をいいます。

  ア 半壊、かつやむを得ない事由により、当該住宅を解体するに至った世帯

  イ 居住する住宅の敷地に被害が生じ、やむを得ない事由により、当該住宅 を解体するに至った世帯

   (注意)り災証明書による認定が必要です。((3)イを除く)

   (注意)一部損壊の世帯は対象となりません。((3)イを除く)

 

交付額

(1)基礎支援金

  ア 全壊世帯・解体世帯 100万円

  イ 大規模半壊世帯 50万円

   (注意)本市の災害見舞金を支給された世帯は、当該交付額と支給額との差額を交付します。

(2)加算支援金(※加算支援金のみの申請はできません。)

  (1)に加えて

  ア 住宅を建設し、又は購入する世帯 200万円を上限とした実費相当分

  イ 住宅を補修する世帯 100万円を上限とした実費相当分

(3)単数世帯に対する支援金の額は、(1)(2)の4分の3の額を上限とします。

 

申請期限

 (1)基礎支援金は令和元年10月31日(木曜日)まで

 (2)加算支援金は令和2年3月31日(火曜日)まで

 

申請手続に必要なもの

 (注意)被災状況により他に必要なものがありますので、申請をお考えの方は事前に下記までお問合せください。

・共通のもの

  り災証明書の写し

  住民票等世帯が居住する住宅の所在、世帯の構成が確認できる市が発行する証明書面

  通帳等、申請者本人名義の口座番号の確認できるもの

  認め印(朱肉を使用する印)

・解体世帯

  解体し、又は解体されたことが確認できる証明書面(滅失登記謄本など)

  住宅の敷地に被害を受けたことが確認できる証明書面(宅地の応急危険度判定結果など)

・加算支援金を申請する場合

  その居住する住宅を建設、購入又は補修したこと、又はしようとすることが確認できる契約書の写し及び費用が確認できる資料

・その他市が必要と認めるもの

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 福祉総務課 くらしサポートセンター
電話:0725-41-1551(代表)
0725-99-8100(直通)
ファックス:0725-41-3110
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ