現在の場所

クーリング・オフの方法

クーリング・オフとは

「クーリング・オフ」とは、契約した後、冷静に考え直す時間を消費者に与え、一定期間内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のことをいいます。
一度契約が成立するとその契約に拘束され、お互いに契約を守るのが契約の原則ですが、この原則に例外を設けたのが「クーリング・オフ」制度です。

 

 

クーリング・オフが行える取引 【】内はクーリング・オフ期間

•訪問販売 【8日間】
 家庭への訪問販売だけでなく、「路上などで声をかけて営業所などへ連れて行き契約をすすめるキャッチセールス」と、「電話等で販売目的を告げずに営業所や喫茶店などへ呼び出して契約をすすめるアポイントメントセールス」も含む)

 

•電話勧誘販売 【8日間】

 業者から電話で勧誘されて申し込んだ契約(商品・役務と指定権利)

 

•連鎖販売取引 【20日間】
 マルチ商法による契約(店舗契約含む)

 

•特定継続的役務提供 【8日間】
 エステティックサービス、語学教室、家庭教師、学習塾、パソコン教室、結婚相手紹介サービスの6種類の契約(店舗契約含む)

 

•業務提供誘引販売取引 【20日間】
 「仕事を提供するので収入が得られる」という口実で消費者を誘引し、仕事に必要であるとした、商品等の契約

 

•訪問購入(買い取り) 【8日間】

 自宅等に訪問し事業者が物品を買い取る契約

 

クーリング・オフの方法

 クーリング・オフの通知は必ず書面で行います。はがきなどの書面に下記の項目を記入して、控えのために書面の両面をコピーに取った上で、「特定記録郵便」または「簡易書留」などの記録が残る方法で販売会社へ送ってください。クレジット契約をしている場合は、クレジット会社にも同様に通知します。はがきのコピーと郵便局の受領証は、5年間大切に保管してください。

契約解除(クーリング・オフ)通知書の記入例と期間(PDF:443.3KB)

困ったらすぐに相談を!

消費者問題は一人で悩まずに、すぐに『和泉市消費生活センター』にご相談を!

 相談時間:平日午前9時~午後5時15分

 場所:市役所2号館2階

 注釈:お電話もしくは直接和泉市消費生活センターにお越しになって、ご相談ください。

  (メールによるご相談は承っておりません)

消費生活センターの場所(市役所の地図)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号(和泉市役所2号館2階)
生きがい健康部 福祉総務課
和泉市消費生活センター
電話0725-41-1551(代表) 0725-47-1331(直通)または188(いやや)

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ