現在の場所

高額介護合算療養費

高額介護合算療養費について

医療費が高額になった場合は国民健康保険や健康保険組合等の医療保険から月額の自己負担限度額を超えた分が「高額療養費」として支給され、介護サービス費用が高額になった場合は介護保険から月額の限度額を超えた分が「高額介護サービス費」として支給されています。

 さらにみなさんの自己負担額を軽減するために、同じ世帯で医療費と介護サービス費の両方の自己負担限度額が高額になった場合に、両方の制度の限度額を適用したうえで、それぞれの自己負担額を合算し、定められた年額の限度額を超えた分が「高額介護合算療養費」として支給されます。

高額介護合算療養費自己負担限度額

高額介護合算療養費の自己負担限度額は「年額」で設定されています。毎年、8月1日から翌年7月31日までの自己負担額を合算します。

なお、合算は世帯ごとに計算し高額になった医療費と介護サービス費の両方を支払い、合算した自己負担額が、自己負担限度額を超えた世帯が対象になります。ただし、70歳未満の人の医療費は1か月に21,000円以上の自己負担額のみを合算の対象とします。

 

70歳未満の人

所得区分

限度額

旧ただし書所得

901万円超

212万円

600万円超901万円以下

141万円

210万円超600万円以下

67万円

210万以下

60万円

住民税非課税

34万円

 

70歳以上75歳未満                   

平成30年7月まで  

所得区分

限度額

現役並み所得者

67万円

一般

56万円

低所得者2

31万円

低所得者1

19万円

         

平成30年8月から変更

所得区分

限度額

現役並み所得者

3 (課税標準額690万円以上)

212万円

2 (課税標準額380万円以上)

141万円

1 (課税標準額145万円以上)

67万円

一般

56万円

低所得者2

31万円

低所得者1

19万円

 

 所得区分については下記リンクを参照してください

高額療養費制度・限度額適用認定証

申請方法

 和泉市国民健康保険及び介護保険においては、上記の計算方法に従い該当していると思われる世帯については、毎年度7月を過ぎてから翌年1月頃を目途に通知を送付いたします。(8月から翌年7月の年額で計算を行うため)通知が届いた世帯について、その都度申請を行っていただきますようよろしくお願いします。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 保険年金室国民健康保険担当
電話:0725-41-1551(代表)
資格給付グループ 0725-99-8128(直通)
賦課徴収グループ 0725-99-8129(直通)
保健総務グループ 0725-99-8169(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ