現在の場所

第三者行為による傷病について(交通事故その他第三者のかかわる傷病)

第三者行為とは

交通事故や傷害事件など他人の行為(第三者)が原因でケガや病気になった場合、加害者が被害者の治療費を負担することが原則ですが、国民健康保険で治療を受けることもできます。和泉市が加害者の負担すべき治療費を一時立替えたあと、後日加害者に請求します。

ただし、被保険者が自己の故意の犯罪行為又は闘争、泥酔、不行跡によって疾病にかかり又は、負傷したときは保険給付が出来ない場合があります。
 

示談する場合は必ず連絡を

第三者と示談をする場合は必ず示談前に下記までご連絡ください。怪我等をされた被保険者が被保険者証を使用し保険給付を受けた時点で、その給付の価格を限度として、本来被保険者が持つ損害賠償請求権を保険者である和泉市が法律上代位取得します。保険給付を受けた後で保険者の了承無しに示談し、医療費として第三者から損害賠償等を受けた場合は、被保険者は第三者に対して和泉市が持つ損害賠償請求権にあたる部分を返還する必要があります。

また、被保険者が被保険者証を使用し治療を受ける前又は治療中等に示談し損害賠償権を放棄すると原則示談後の保険給付は出来ませんのでご了承ください。

届出の義務

第三者行為により国民健康保険で治療を受ける場合には早急に和泉市役所保険年金室又は和泉シティプラザ出張所(和泉中央)まで届出てください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 保険年金室 国民健康保険担当 資格給付グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8128(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ