現在の場所

保険給付について

医療費の給付内容

国民健康保険の加入者は、下記の各種給付を受けることができます。ただし、被保険者が自己の故意の犯罪行為又は闘争、泥酔、不行跡によって疾病にかかり又は、負傷したときは保険給付が出来ない場合があります。
なお、交通事故等の第三者行為によって負傷し、国民健康保険を使用して治療を受けるときは「第三者行為による傷病届」(保険年金室備え付け)の提出が必要です。

第三者行為については下記リンクよりご参照ください

第三者行為による傷病について(交通事故その他第三者のかかわる傷病)

国民健康保険の給付

 

療養の給付
こんなときに給付します 給付の内容 手続きに必要なもの
病気やけがをして、保険取扱い医療機関で必要な診療を受けたとき
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)
  • 被保険者証
  • 高齢受給者証(70歳から74歳の人)

(医療機関の窓口へ提出)

 注記1:平成26年3月31日までに70歳に達した人(昭和19年4月1日以前生まれの人)9割

 

療養費
こんなときに給付します 給付の内容 手続きに必要なもの
やむを得ない事情により、被保険者証を使って診療を受けることができなかったとき(近くに保険医療機関があるのに保険のきかない医療機関で診療を受けたときは除く)
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)
被保険者証・印鑑・医療費の領収書・診療報酬明細書・世帯主名義の銀行口座番号
治療のための装具(コルセットなど)を装着したとき
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)
被保険者証・印鑑・装具費の領収書・医師の意見書及び装着証明書・装具製作明細書・世帯主名義の銀行口座番号
治療のための装具(靴型装具)を装着したとき
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)

上記に加え当該装具の写真3枚以上(異なる方向から撮影したもの)

※サイズ、ロゴ、商標の記載がある場合は、その部分がよく見えるよう撮影してください

医師が必要と認めたマッサージ・はり・灸の施術を受けたとき
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)
被保険者証・印鑑・医師の同意書(はり・灸師に提出)
柔道整復師に施術を受けたとき
  • 一般・退職とも 7割
  • 義務教育就学前 8割
  • 高齢受給者証をお持ちの人 8割(現役並所得者の場合7割)(注記1)
被保険者証・印鑑(柔道整復師に提出)
医師の指示により一時的・緊急的な必要がある移送費 算定基準により算定された額 被保険者証・印鑑・移送費の領収書・医師の意見書・世帯主名義の銀行口座番号

 注記1 平成26年3月31日までに70歳に達した人(昭和19年4月1日以前生まれの人)9割

申請書ダウンロード

療養費・特別療養費支給申請書(PDF)(PDF:174.7KB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 保険年金室 国民健康保険担当 資格給付グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8128(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ