現在の場所

適正な飲酒・アルコールとのお付き合い

第3次健康都市いずみ21計画~アルコール~推進中

和泉市では、平成31年3月に「第3次健康都市いずみ21計画」を策定し、市民が自分らしくいきいきと暮らせる“健康都市いずみ”を目指して、8つの健康分野について取り組んでいます。その中のひとつ「アルコール」では、“適量を知り、上手にお酒とつきあおう”をキャッチフレーズに取り組みを進めています。

健康づくりの樹

1.こころの健康

2.身体活動・運動

3.栄養・食生活

4.健康チェック

5.歯と口腔の健康

6.たばこ

7.アルコール

8.地域力の向上

適度な飲酒量はどのくらい?

1日あたり日本酒では1合程度(平均純アルコール約20グラム)の飲酒は「節度ある適度な飲酒」といわれています。また、女性や65歳以上の高齢者はそのおよそ半分くらいが適量になります。

お酒の飲みすぎは、食道がん、大腸がん、乳がんなどのがん、循環器疾患、アルコール依存症やうつ病など、ほぼ全身状態に悪影響を及ぼします。お酒の飲み方について見直してみませんか。

お酒の絵

日本酒1合(約20グラム純アルコール、アルコール濃度15%)と同程度のお酒の量とは・・・

・ビール(アルコール濃度5%)500ミリリットル

・ウイスキー(アルコール濃度43%)60ミリリットル

・焼酎(アルコール濃度23%)100ミリリットル

・ワイン(アルコール濃度12%)200ミリリットル

・チューハイ(アルコール濃度7%)350ミリリットル

飲酒の絵

お酒と上手につきあいましょう

・適量をこころがけましょう

・お酒を飲まない休肝日を週に2日もうけましょう

・飲酒の前に食事を摂ることをおススメします

・普段から飲酒量が多いひとは、低濃度のお酒に変えてみる

・自宅にお酒の買い置きをしない

・妊娠中や授乳中は禁酒しましょう

・未成年者は、絶対にお酒を飲みません

お酒の飲み方チェック(PDF:277.5KB)

適量を知り、上手にお酒と付き合おう(PDF:5.7MB)

関連リンク

第3次健康都市いずみ21計画

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

〒594-0041
和泉市いぶき野五丁目4番7号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健福祉センター
(和泉シティプラザ南棟2階)
電話:0725-57-6620
ファックス:0725-57-6623

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ