現在の場所

11月10日から11月16日は「アルコール関連問題啓発週間」です

お酒は生活に豊かさと潤いを与えるものである一方、多量飲酒や未成年飲酒などの不適切な飲酒は、アルコール健康障がいの原因となります。

また、妊娠中の飲酒は、胎児の発達に影響を与え、胎児性アルコール症候群を引き起こすことがあります。アルコールは授乳中の母乳に入り、乳児の発達に影響を与えると言われています。妊娠中・授乳中はノーアルコールにしましょう。

本人だけではなく、そのご家族や社会にも深刻な事態をもたらすかもしれません。

この機会にお酒にまつわるさまざまな問題を考えてみませんか。

飲酒のイラスト

適正な飲酒・アルコールとのお付き合い

厚生労働省HP 平成29年度における「アルコール関連問題啓発週間」の取組

大阪府アルコール健康障がい対策推進計画

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

〒594-0041
和泉市いぶき野五丁目4番7号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健福祉センター
(和泉シティプラザ南棟2階)
電話:0725-57-6620
ファックス:0725-57-6623

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ