現在の場所

手当・年金・貸付・減免(身体)

(1)特別障がい者手当

対象者

20歳以上で著しく重度で永続する身体障がい、知的障がいまたは精神障がいがあるため日常生活において常時特別の介護が必要な人に支給されます。

手当額

毎年2月、5月、8月、11月の年4回に分けて支給されます。
手当額については、年度により支給額が変動する場合がありますので、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。

支給制限

  • 障がい者支援施設等に入所中のとき
  • 医療機関に3か月を越えて入院中のとき
  • 介護老人保健施設に3か月を越えて入所中のとき
  • 受給資格者、または扶養義務者の所得が一定額以上ある場合

(2)大阪府重度障がい者在宅生活応援制度

対象者

身体障がい者手帳1・2級と療育手帳Aを併せて所持する障がい者(児)を介護している人に支給されます。

手当額

毎年1月、4月、7月、10月の年4回に分けて支給されます。
手当額については、年度により支給額が変動する場合がありますので、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。

支給制限

  • 社会福祉施設、介護老人福祉施設等に入所中のとき
  • 3か月以上医療機関に入院中のとき
  • 特別障がい者手当を受給している場合

(3)重度障がい者特例支援事業

対象者

昭和57年1月1日以前に外国人登録をしていた重度の障がいのある在日外国人等で、年金制度上の理由により障害基礎年金を受給できない人に支給されます。

手当額

毎年4月、10月の年2回に分けて支給されます。手当額については、年度により支給額が変動する場合がありますので、下記までお問い合わせください。
老人福祉施設入所者の場合、一定額を減額することがあります。

支給制限

  • 生活保護を受けているとき
  • 公的年金を受けているとき
  • 社会福祉施設入所者で、援護の実施者が府内市町村以外である場合
  • 本人の所得が一定額以上ある場合

お問い合せ先

大阪府福祉部障がい福祉室
地域生活支援課地域サービス支援グループ
電話:06-6941-0351
ファックス:06-6944-2237

(4)特別児童扶養手当

対象者

20歳未満で政令に規定する障がいの状態にある児童を養育している父母(主として児童の生計を維持するいずれか一人)
または、父母にかわって児童を養育している人(児童と同居・養育し、生計を維持していること)に支給されます。

手当額

4月、8月、11月に前月分までを支給します。(11月分は当月分まで)
手当額については、児童の障がいの程度に応じて決まります。また、年度により支給額が変動する場合がありますので、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。

支給制限

  • 児童が児童福祉施設(母子生活支援施設、保育所、通所施設を除く)に入所しているとき
  • 障がいを理由とする公的年金を受給しているとき。
  • 請求者及び配偶者、扶養義務者(同居している請求者の父母兄弟姉妹など)の所得が一定額以上ある場合 


注釈:下のリンクもご参照ください

特別児童扶養手当

(5)障がい児福祉手当

対象者

20歳未満の重度で永続する身体障がい、知的障がいまたは精神障がいがあるため、日常生活において常時の介護が必要な方

手当額

毎年2月、5月、8月、11月の年4回に分けて支給されます。
手当額については、年度により支給額が変動する場合がありますので、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。

支給制限 

  • 社会福祉施設に入所しているとき
  • 障がいを支給事由とする年金給付を受けているとき
  • 受給資格者または扶養義務者の所得が一定額以上ある場合

(6)生活福祉資金貸付制度

対象者

低所得者、高齢者及び障がい者等の世帯

内容

在宅福祉及び社会参加の促進等を図るため貸付(生業費・福祉資金・自動車購入費等)を行っています。

お問い合わせ先

和泉市社会福祉協議会 電話0725-43-7514

(7)心身障がい者(児)扶養共済

対象者

1~3級の身体障がい者(児)、知的障がい者(児)もしくは精神障がい者の保護者で、4月1日現在で65歳未満の方で特別な病気や障がいがない方

内容

障がい者の保護者が加入者となって掛金を納入することにより、加入者が死亡または重度の障がいを有することとなったとき、障がい者に終身にわたり年金が支給される任意加入の共済制度です。
掛金は、保護者の年齢により変わります。また、収入に応じて掛金の減免があります。
加入は2口までです。
年金額は口数によって異なります。

(8)障害基礎年金(国民年金)

お問い合わせ先

保険年金室 年金・高齢者医療担当

(9)タクシー代基本料金助成

対象者

1、2級の身体障がい者、Aの判定を受けた知的障がい者、1級の精神障がい者
ただし、入院、入所を除くきます。

内容

基本料金を年間24回まで助成します。

(10)緊急通報装置設置サービス

対象者

重度の身体障がい者のみの世帯または重度の身体障がい者と高齢者のみの世帯で、緊急通報体制が必要と認められる者

内容

急病や災害時の緊急事態発生時に、簡易に第三者に通報できるように緊急通報装置を貸与します。
生計中心者の所得によって利用者負担額が異なります。

(11)自動車運転免許取得費助成

内容

自動車運転免許取得後6か月以内の身体障がい者の方に、10万円または自動車運転免許を取得するために教習所に支払った費用のいずれか低い額に所得区分に応じた助成率を乗じた額を1人1回に限り助成します。
ただし、市民税の課税状況により、助成率が異なります。
受給資格など詳しいことは、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。

 

(12)自動車改造費助成

内容

運転免許証に、運転できる自動車の種類などを限定する条件がついているため自動車の改造を必要とする身体障がい者の方に、10万円または実際にかかった経費のいずれか低い額に所得区分に応じた助成率を乗じた額を助成します。
ただし、再度の申請については、助成申請の日から過去5年間に本事業により助成金の支給を受けた人は除きます。
なお、市民税の課税状況により、助成率が異なります。
受給資格など詳しいことは、和泉市障がい福祉課までお問い合わせください。。

(13)訪問入浴サービス

対象者

下肢又は体幹機能障がいにより身体障がい者手帳1級又は2級の交付を受けており、かつ、食事、排便、寝起き等日常生活の大半を他の介助によらなければならない15歳以上の在宅の人で自宅で入浴することが困難な人
なお、ホームヘルプサービスやデイサービス等が利用できる場合については、そちらが優先になります。

内容

重度身体障がい者の家庭に移動入浴車で訪問し、浴槽を居室に搬入する等の方法で入浴を行います。
本人または家族の収入に応じて費用の一部を負担していただく必要があります。

(14)有料道路割引

対象者

身体障がい者・重度の知的障がい者

内容

通行料金が半額になります(ETC可)。ただし、1台に限ります。また、営業車は除きます。


注釈:下のリンクもご参照ください

心身に障がいのある方の高速道路割引制度について知りたいのですが。

(15)NHK受信料減免

対象者

身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者

ただし、世帯の状況や手帳の種類・等級等によって対象とならない場合があります。

内容

受信料が、全額または半額免除となります。


注釈:下のリンクもご参照ください

心身に障がいのある方のNHK受信料減免制度について知りたいのですが

(16)駐車禁止除外指定車標章

対象者

  • 視覚障がい1級から3級までの各級及び4級の1
  • 聴覚障がい2級及び3級
  • 平衡機能障がい3級
  • 上肢不自由1級,2級の1及び2級の2
  • 下肢不自由1級から4級までの各級
  • 体幹不自由1級から3級までの各級
  • 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による上肢機能障がい1級及び2級(一上肢のみに運動機能障がいがある場合を除く)
  • 乳幼児期以前の非進行性の脳病変による移動機能障がい1級から4級までの各級
  • 心臓・じん臓・肝臓・呼吸器・小腸・ぼうこう又は直腸機能障がい1級及び3級
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がい1級から3級までの各級
  • 知的障がい者A(重度)
  • 精神障がい者1級

内容

標章を示すことにより、公安委員会が指定した駐車禁止・時間制限駐車区間規制の道路に限り、一時的に駐車することができます。

お問い合わせ先

和泉警察署 電話0725-46-1234

(17)自動車税・自動車取得税の減免

対象者

身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者

ただし、世帯の状況や手帳の種類・等級等によって対象とならない場合があります。

お問い合わせ先

  • 和泉自動車税事務所 電話0725-41-1327
  • 泉北府税事務所 電話072-238-7221

(18)軽自動車税の減免

対象者

身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者

ただし、世帯の状況や手帳の種類・等級等によって対象とならない場合があります。

お問い合わせ先

税務室 市民税担当

(19)水道料金・下水道使用料の福祉助成制度

内容

この制度についての詳細は、下記までお問い合せください。

お問い合わせ先

上下水道部 お客様サービス課

水道料金・下水道使用料の福祉助成制度

(20)税金の所得控除及び非課税措置

対象者

身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者

ただし、世帯の状況や手帳の種類・等級等によって対象とならない場合があります。

内容

所得税・住民税・事業税・相続税・贈与税等の控除が受けられます。

お問い合せ先

  • 所得税、相続税、贈与税:泉大津税務署 電話0725-33-5601
  • 住民税:税務室 市民税担当
  • 事業税:泉北府税事務所 電話072-238-7221

(21)旅客運賃等の割引

対象者

身体障がい者・知的障がい者・精神障がい者

ただし、手帳の種類・等級等によって対象とならない場合がありますので、詳しくは各交通機関にお問い合わせください。

 

(22)ハートプラスマークの交付

対象者

内部障がいにより身体障がい者手帳を交付されている方

内容

内部障がい者等に対する社会的理解を促進し、外見から分かりにくい障がいにより生じる不利益を解消するため、希望者にハートプラスマークカードを交付しています。交付には申請が必要ですので、障がい者手帳等と印鑑を、障がい福祉課窓口までお持ちください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 障がい福祉課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8133(直通)
ファックス:0725-44-0111
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ