現在の場所

日常生活の支援(身体)

(1)ホームヘルプサービス等の提供【自立支援給付】

対象者

身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者、難病患者等

内容

日常生活を営むのに支障がある障がい者、難病患者等にホームヘルパーによる食事・入浴等の身体介護サービス、洗濯・掃除・買い物等の家事援助サービス、病院への付き添いする通院介助サービス等を提供します。

(2)ガイドヘルプサービスの提供【地域生活支援事業】

対象者

脳性マヒ等全身性障がい者、知的障がい者、精神障がい者、難病患者等

ただし、児童の場合は特段の事情がある場合に限ります。

また、難病患者等の対象基準は全身性障がい者に準じます。

内容

市町村等の公的機関やその他の機関におもむく場合、歩行や車いすの介助等を、安全面に留意しながら行うガイドヘルプサービスを提供します。

(3)短期入所事業(ショートステイ)【自立支援給付】

対象者

身体障がい者、知的障がい、精神障がい者、難病患者等

内容

障がい者、難病患者等を介護している家族が病気や出産、その他の理由により介護が困難となった場合、施設に一時入所できます。
利用にあたっては、利用者負担の他に、食材料費・日用品費等の費用を支払う必要があります。

(4)補装具の交付・修理、日常生活用具の給付

内容

身体障がい者(児)、難病患者等に補装具が、現物で交付・修理されます。

また、日常生活が円滑に行われるために、難病や障がいの種別及び程度により、必要に応じ日常生活用具が給付されます。

費用

原則1割負担となります。ただし、1か月あたりの負担が増えすぎないよう、所得に応じた支払いの負担上限月額が設けられています。

注意:必ず現物を購入される前に申請してください。購入後では公費負担ができません。


注釈:下のリンクもご参照ください

補装具・日常生活用具

(5)手話通訳者及び要約筆記者の派遣【地域生活支援事業】

対象者

聴覚障がい者、音声機能障がい者、言語障がい者

内容

市町村等の公的機関や医療機関その他の機関におもむく場合や講演会、研修会等の会合に出席する場合に、手話通訳者及び要約筆記者を派遣します。

通訳者等派遣依頼申請書


注釈:下のリンクもご参照ください

通訳者等派遣依頼申請書(WORD:44KB)

病院での受診時や授業参観などに、手話通訳者もしくは要約通訳筆記者を派遣してもらう方法を教えてください。

手話通訳者もしくは要約筆記通訳者を派遣できない場合はありますか。

手話通訳者もしくは要約筆記通訳者派遣依頼の受付時間を教えてください。

(7)住宅改造助成金交付事業

対象者

身体障がい者手帳1.2級または下肢・体幹機能障がい3級所持者及び重度知的障がい者がおり、生計中心者の前年の所得税額が7万円以内の世帯

内容

現在居住している住居の段差の解消等、日常生活の不便を解消するための改造で、審査により必要と認められた改造費に対し、20万円を限度として補助します。

ただし、生計中心者の所得税額により助成額に制限があります。
また、住宅の新築・増築改造費は補助対象となりません。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 障がい福祉課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8133(直通)
ファックス:0725-44-0111
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ