現在の場所

サポートブック「わたしノート」

「わたしノート」とは

「わたしノート」とは、お子さま自身を表す「わたし」と私(お子さま)のことを人に分かりやすく伝えるための「渡し」という意味が込められており、子どもの成長や発達の経過、暮らしの中での習慣、その子の個性を保護者の方、そして周りの人にも分かってもらえることができるノートです。

「わたしノート」の改訂版について

乳幼児期から成人期までの「わたし」の成長記録と、支援内容の情報・記録をもとに、一貫・継続した発達支援がうけられることをめざして、「わたしノート」の改訂版を作成しました。

「わたしノート」の作成は「○○歳から・・・」という決まりはありません。本人・保護者・関係者が作成したいと思ったときがスタートです。切れ目のない支援のために、「わたしノート」をぜひご活用ください。

「わたしノート」を活用するメリット

1.成長を記録するものとして

乳幼児期から成人期までのさまざまな記録を1冊にまとめることができるため、お子さんの成長や発達の経過を把握したり、ふり返ることができます。

2.所属機関が変わる際の引き継ぎのためのものとして

就(入)園・就(入)学など、所属機関が変わる際に、これまでの成長の記録や現在の発達の状況などをまとめて伝えることができ、環境が変わっても途切れることがなく、適切な支援を受けることができます。

3.スムーズな連携のためのものとして

様々な機関との関わりの経過や支援の状況を1冊にまとめることができるため、保護者と関係機関、関係機関同士の連携ツールとして利用することができます。

「わたしノート」の配布について

「わたしノート」の配布はこども未来室(こども政策担当)、保健センター・保健福祉センター、ふたば・第2ふたば幼児教室で行っています。

「わたしノート」の保管・管理について

「わたしノート」は、基本的には保護者・本人が保管・管理を行います。

「わたしノート」の更新について

「わたしノート」の新しいシートが必要となった場合は、こども未来室窓口にてお渡ししています。

また下記よりダウンロードしてご使用いただくことも可能です。

わたしノート(WORD:1.5MB)

わたしノート(PDF:921.6KB)

わたしノート (書き方)(PDF:1,006.5KB)

 

医療的ケアが必要なお子さまの場合は、大阪府和泉保健所で発行している小児在宅生活支援地域連携ツール(ケアファイル)をご利用ください。

大阪府和泉保健所

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室 こども政策担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8135(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お知らせ

ページの先頭へ