現在の場所

「和泉市富秋中学校区等まちづくり構想(案)」のパブリックコメント募集及び市民説明会の開催について

 和泉市では、昭和40年代から50年代にかけて本市の北部に位置する富秋中学校区及び隣接校区の一部(以下富秋中学校区等とする)の地域において、市営住宅や人権文化センターをはじめとした多くの公共施設を建設しました。

 その後40年以上が経過し、市営住宅をはじめ集積している公共施設の老朽化や少子高齢化による人口減少が地域の大きな課題となっています。

 そういった課題に対し、平成30年2月に地域の住民の方などが主体となり「富秋中学校区等まちづくり検討会議」を設立し、約2年間議論を重ねて公共施設の再編をきっかけに、新たなまちづくりを進めていくための“道しるべ”となる「まちづくり構想(地域案)」の策定に取り組まれました。

 本構想は、この「まちづくり構想(地域案)」を尊重しつつ、公共施設等の効果的・効率的な管理や人口減少等の社会情勢の変化に対応することを目的として、平成28年度に策定した「和泉市公共施設等総合管理計画」の方針に基づき、学校や市営住宅をはじめ老朽化した公共施設を再編し、そこで生じた跡地の活用を行うことにより、公共施設の最適配置の実現を図るとともに、地域課題を解決し、持続可能なまちづくりの取り組み事項を定めたものです。

 この構想(案)について、市民の皆さんのご意見・ご提案を募集します。

 また、パブリックコメントの募集に合わせ、和泉市富秋中学校区等まちづくり構想(案)に係る市民説明会を開催します。是非、ご参加ください。

募集内容

和泉市富秋中学校区等まちづくり構想(案)に対するご意見・ご提案

パブリックコメント対象

和泉市富秋中学校区等まちづくり構想(案)(PDF:13.9MB)

参考資料:まちづくり構想(地域案)(PDF:11.2MB)

募集期間 2020年2月12日~2020年3月11日
閲覧場所

市政情報コーナー(市役所1号館2階)、TRC和泉図書館(和泉府中駅前フチュール和泉3階)、TRCシティプラザ図書館、TRC南部リージョンセンター図書室、TRC北部リージョンセンター図書室、にじのとしょかん(人権文化センター内)、池上曽根弥生情報館、和泉市ホームページ、下記問合せ・提出先の担当課

意見を提出できる市民等
  • 本市の区域内に住所を有する者
  • 本市の区域内に存する事務所又は事業所に勤務する者
  • 本市の区域内に存する学校に在学する者
  • 本市の区域内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の団体
  • 本市に対して納税義務を有するもの
  • 前各号に掲げるもののほか、パブリックコメント手続の対象となる事案に利害関係を有すると認められるもの
意見提出方法

意見提出用紙にご記入のうえ、郵送、FAX、電子メール、市役所担当課への持参のいずれかの方法で提出してください。任意様式で提出する場合は住所、氏名、連絡先を必ず明記してください。

意見提出様式(WORD:35KB)

意見提出様式(PDF:61.4KB)

意見の取扱
  • 提出いただいた意見等を考慮して、計画等の最終的な意思決定を行います。
  • 提出いただいた意見の要旨とそれに対する和泉市の考え方を一定期間、前記の閲覧場所で公表します。(氏名、連絡先等の個人情報は公表しません。また個別回答はしません。)
  • 類似の意見については、まとめて公表することがあります。
  • 意見の募集は具体的な意見を収集することを目的としています。内容が案件に合致しないもの及び賛否の結論のみを示したものや、趣旨が不明瞭なものなどについては和泉市の考えを示さない場合があります。
留意事項

個人で提出いただく場合は氏名、住所及び連絡先を、団体・グループで提出いただく場合は団体・グループ名、所在及び連絡先を必ず記載してください。記載されていない場合は公募意見(パブリックコメント)の対象外となります。

その他

【市民説明会の開催】

日時:令和2年2月16日(日曜日)午前10時から

場所:ゆう・ゆうプラザ(人権文化センター) 1階大会議室 和泉市伯太町六丁目1番20号

参加申込:不要

 

問合せ・提出先 電話や口頭による受付および個別の回答はできません。
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 政策企画室 資産マネジメント担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8208(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

パブリックコメント専用メールアドレス

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加

ページの先頭へ