現在の場所

学校教育部のしごと

学校教育

 教育委員会事務局教育次長兼学校教育部長の並木 敏昭(なみき としあき)です。

私の思い

 常に子どものためにという視点に立って、確かな学力を身につけた心豊かな子どもの育成、たくましく生きるための健康・体力の増進、国際社会の中で活躍する人材の育成、家庭・地域と連携した健全な子どもの育成をめざし、児童・生徒一人ひとりの学ぶ意欲を引き出すよう様々な取組みを推進してまいります。

部のミッション

  1. 小中一貫教育の視点を踏まえながら、子どもの実態を把握し設定した「めざす子ども像」の実現に向け、市立学校教員が継続的かつ一貫性のある指導ができる体制を整備・充実・発展させ、子どもたちにつけたい力を具体化する取組みを行います。また、健康な児童・生徒の育成、学校における食育推進と安全な学校給食の実施、地域に開かれた学校・教育環境の構築に取り組みます。また、地域や関係機関と連携し子どもの安全確保を図ります。

     

  2. 市立学校の教育活動の充実と校種間の連携を推進するとともに、教員の資質向上に取り組みます。また、地域教育協議会などの取組みの充実を図ることにより、地域社会の教育コミュニティづくりの推進や家庭の教育力の向上に取り組みます。

     

  3. 子どもたちの「豊かな心」や「生きる力」を大きく育てるとともに、保護者、教職員へ支援を行います。また、情報教育の推進にあたっては、和泉市教育の情報化指針にもとづき推進します。

令和元年度に取り組む重要課題

  1. 小中一貫教育の推進
    「めざす子ども像」を共有し、協力した推進組織体制で義務教育9年間を見通した系統性・連続性のある指導を行い、確かな学力を身につけた心豊かな子どもを育成するため、小中一貫教育の更なる充実を図ります。
     
  2. 学校の適正配置
    より良い教育環境の確保に向け、富秋中学校区では引き続き地域との意見交換を進め、その方向性の整理に努めるとともに、槇尾中学校区では、校区内の小中学校の統合、施設一体型義務教育学校の新設に向け、開校準備に着手します。
     
  3. 教育環境の向上
    引き続き、学校体育館の非構造部材耐震化等改修工事を計画的に進めるとともに、小学校の全普通教室及び一部の特別教室への空調整備について、子どもたちの熱中症対策及び学習環境の向上を図るため、計画を前倒しし今年度中に整備を行います。
     
  4. 学力向上
    学習習慣の定着、学習意欲や自学自習力の向上をめざし、民間教育事業者を活用した学習支援事業「いずみ希望塾」を引き続き実施します。また、校長会と合同作成した「IZUMI授業改善・授業力向上マップ2019」を指標として、子どもたちが学校で学んだことが、将来につながるような生きる力を育むための授業改善に取り組みます。
     
  5. 新学習指導要領への対応
    英語教育の推進に向けて、小・中学生がALT(外国語指導助手)とともに英語のみで過ごす取組みを通して、学校で学んだ英語を活用し、英語に親しむ機会の提供を行います。また、子どもたちの豊かな人間性を育むために、特別の教科道徳を要として、学校教育活動全体を通して道徳教育の充実を図ります。さらに、プログラミング教育として、コンピュータがプログラムによって働き、社会で活用されていることを体験・学習できる授業研究に取り組みます。
     
  6. 奨学金制度の充実
    新たに「子どもの夢応援奨学基金」を設置し、これまでの奨学金貸付事業に加え、就学援助世帯を対象に、高等学校等入学時に教科書等の購入費用の一部を給付する制度を創設し、さらなる教育の機会均等を図ります。
     
  7. 子どもと向き合う時間の増加(教員の働き方改革)
    教員の事務負担の軽減によりさらに質の高い教育体制の確保を図るため、スクール・サポート・スタッフを小・中学校にモデル配置し、その効果を検証します。また、各学校の電話にメッセージ機能を導入し、勤務時間外の外部からの電話対応に一定の制限を設けます。これらにより、子どもと向き合う時間の増加と教員の働き方改革を進めます。
     
  8. 学校通学路の安全対策
    警察OBのスクールガードリーダーが学校区を巡回し、地域の子ども安全見守り隊と協働した取組みを充実します。また、和泉市小学校通学路交通安全対策推進連絡会(警察・和泉市・大阪府・国)を開催し、グリーンベルト等による交通安全対策を講じるとともに、地域や関係機関と連携した防犯上の安全対策を推進します。
     
  9. 人権教育、支援教育の推進
    人権及び人権問題に関する正しい理解を深め、「自分の大切さ」とともに「他の人の大切さ」を認められる人権尊重の社会づくりを進めるために、人権教育を推進します。また、障がいのあるなしに関わらず、「ともに学び、ともに育つ」支援教育の充実に努めます。
     
  10. 学校給食の提供
    安全・安心でおいしい学校給食を提供するため、引き続き、衛生管理の徹底や老朽施設の改修、調理員研修の充実などを図るとともに、自校調理方式を最大限に活かし特色ある学校給食の提供を進めます。

学校教育部の各課(室)のしごと

 

教育総務室

  • 和泉市教育委員会(以下「委員会」という。)の会議に関すること。
  • 委員会規則の制定及び改廃に関すること。
  • 公告式に関すること。
  • 学校教育施設に係る予算及び経理に関すること。
  • 学校教育施設に係る物品の購入、修繕及び借入に関すること。
  • 学校教育施設に係る物品の保存及び記録に関すること。
  • 委員会に対する請願及び陳情に関すること。
  • 儀式及び表彰に関すること。
  • 教育広報及び教育行政の相談に関すること。
  • 学校の教材備品の整備に関すること。
  • 公印の保管に関すること。
  • 公用車の管理運営に関すること。
  • 教育・こども施策に係る総合調整に関すること。
  • 学校教育施設の管理及び使用に関すること。
  • 学校教育施設の各種調査及び統計に関すること。
  • 学校教育施設の各種業務委託契約の締結に関すること。
  • 学校教育施設の整備に係る企画立案に関すること。
  • 学校教育施設の財産に関すること。
  • 学校教育施設の施設整備国庫補助事務に関すること。
  • 用務員に関すること。
  • 教職員、児童及び生徒の健康管理に関すること。
  • 学校体育行事に関すること。
  • 学校保健行事に関すること。
  • その他学校の保健に関すること。
  • 学校給食の運営に関すること。
  • 学校給食調理員に関すること。
  • 学校給食用物資の購入に関すること。
  • 学校給食の献立作成に関すること。
  • 学校給食指導に関すること。
  • 学校給食施設に関すること。
  • 他の部又は室に属しないこと。

 

指導室

  • 学校教育並びに教育の研究推進の指導及び助言に関すること。
  • 教育課程編成の指導に関すること。
  • 学習指導及び生徒指導等の指導に関すること。
  • 教科書その他教材の調査及び取扱いに関すること。
  • 保健体育の振興及び行事に関すること。
  • 給食の指導及び助言に関すること。
  • 教職員の人事及び服務に関すること。
  • 教職員の給与及び福利厚生に関すること。
  • 教職員が組織する職員団体に関すること。
  • 人権教育の推進及び調整に関すること。
  • 学校における人権教育の指導及び助言に関すること。
  • 進路指導に関すること。
  • 特別支援教育の推進に関すること。
  • 人権教育の資料収集及び刊行に関すること。
  • 学校教育機関の設置、廃止及び運営に関すること。
  • 教育統計調査に関すること。
  • 適正就学に関すること。
  • 義務教育対象児童及び生徒の転出、転入及び就学に関すること。
  • 就学奨励に関すること。
  • 奨学基金の管理運営に関すること。
  • 教科書無償給与に関すること。
  • 関係機関との連絡及び調整に関すること。
  • 教育に関する専門的、技術的事項の調査研究に関すること。
  • 教育に関する資料の収集及び作成に関すること。
  • 教職員の研修に関すること。
  • 教育相談及び事例研究に関すること。
  • 教科書センターの管理運営に関すること。
  • 適応指導教室の運営に関すること。
  • 前に掲げるもののほか、学校教育及び教育の研究推進に関すること。

各課への問い合わせ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 政策企画室 企画経営担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8102(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ