現在の場所

さんまのかば焼き風

和泉市学校給食レシピ

さんまのかば焼き風

材料(約4人分)

さんま

2尾

土しょうが

少量

片栗粉

適量

白ごま

小さじ1杯

揚げ油

適量

大さじ1杯

 

 

濃口しょうゆ

大さじ2杯

 

 

砂糖

大さじ1杯

 

 

みりん

大さじ1杯

 

 

片栗粉

小さじ半分

作り方

【さんま】

(1)さんまは腹開きにして(中骨・腹骨を取る)、半分に切る。

(2)(1)に片栗粉をまぶし、170度の油で揚げる。

【たれ】

(3)土しょうがはすりおろし、しぼって、しょうが汁にする。

(4)フライパンに白ごまを入れ、煎る。

(5))(4)の荒熱がとれたら、合わせておいた水、濃口しょうゆ、砂糖、みりん、を加え、一煮立ちさせる。

(6)(5)に(3)のしょうが汁と水溶き片栗粉を加え、とろみがついたら火を止める。

(7)(6)に(2)のさんまを入れ、たれを絡ませたら、できあがり。

栄養教諭からの一言

 さんまは秋の味覚の代表のひとつで、9月から10月にかけて最も脂が乗りおいしく食べられます。本市の学校給食でも秋になると「塩焼き」や「しょうが煮」、そして今回紹介する「かば焼き風」などを提供しています。

 「かば焼き風」はさんまと甘辛だれの相性が良く、魚料理の中でも非常に人気のある料理です。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会学校教育部 教育総務室
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8158(直通)
ファックス:0725-43-5220
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ