現在の場所

ごみの分け方・出し方(How to put out your trash)

ごみを正しく分けることがごみ減量の第一歩です。市民のみなさんのご協力をお願いします。

ごみを減らすための工夫をしてみましょう。「家庭でできるごみ減量チェック!3Rの実践!」のページをご覧下さい。

家庭でできるごみ減量チェック!3Rの実践!

ごみ出しの基本的なルール

ごみ出しの基本的なルール

  • 日常(可燃)ごみを出すときは、有料指定袋で出してください。ふた付容器に入れてごみを出されても、ごみ収集は行います。
  • 資源物及び新分別を出すときは、無色透明または白色半透明の45リットル以下の袋で、お出しください。それ以外のもの(有料指定袋、色のある袋、45リットルを超える袋、段ボール箱等)でごみ出しをしないでください。
  • ごみ出しの時間(原則、ごみ収集日当日の午前6時まで)を守ってください。
  • 缶、ビン、ペットボトル等は、軽く水洗いをしてから出してください。なお、中身が残ったまま出さないでくださいますようお願いいたします。
  • 生ごみ等水分を含んでいるごみは、十分に水切りをしてからお出しください。
  • 持ち運びしやすいように、ごみ袋の口をしっかりと結んでください。
  • 危険のないように出してください。(ガラス類や瀬戸物等のわれもの、かみそりの刃、串、針等先のとがった物は、粘着テープや紙等に包んでください。)
  • ごみステーションを使用している方は、利用者のみなさんで清掃を行い、常に清潔を保つようにご協力をお願いします。

上記のルールが守られていない場合は、ごみ収集ができませんので、ご協力をお願いします。

家庭のごみ収集

日常(可燃)ごみ

資源物(カン・ビン等)

新分別(ペットボトル、プラスチックボトル、食品トレイ、プラスチック製の卵パック、紙類、古着など)

蛍光灯(申込制・無料収集です)

粗大ごみ収集(有料収集)

臨時ごみ・引越しごみ(有料)

事業系ごみの処分は指定袋制(有料)です

直接搬入ごみ(有料)

こんなごみはどのように処理すれば?

収集できないごみ

  • 自動車部品(タイヤ、ホイール等)
  • バイク
  • バッテリー
  • 耐火金庫
  • 農機具
  • 消火器
  • ガスボンベ
  • 太陽熱温水器
  • 業務用機器類
  • 建築廃材
  • タイル
  • ペンキ類(液状、固形)
  • ガレキ
  • レンガ
  • ブロック
  • 土砂
  • スレート
  • コンクリート
  • ドラム缶
  • 太陽熱ヒーター
  • 浴槽
  • 陶器製の洗面台
  • ピアノ
  • エレクトーン(100キログラム以上)
  • ボーリングボール
  • 陶器製の流し台
  • システムキッチン
  • 灯油
  • ガソリン等の可燃液体
  • 火薬
  • 注射器
  • 注射針
  • 薬品
  • 家電リサイクル法対象品(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機、衣類乾燥機)など

注意:泉北クリーンセンターへの搬入が禁止されている廃棄物は、「泉北環境整備施設組合事業所規則」に規定されていますので、上記のものは市では収集しておりません。

処理方法

  • 購入先または専門の処理業者に依頼してください。
  • 注射器、注射針の処理については医療機関へご相談ください。
  • 建築廃材などは施工業者に引き取ってもらってください。

カラスや猫・犬にごみを荒らされないために

カラスや猫・犬はえさを無くすことが被害解決のカギとなり、次のような対策が効果的であると考えられます。

1.散乱防止ネットやふた付容器を活用しましょう。

基本的なことですが、確実に効果があります。なお、ふた付容器を活用する場合は、飛散・転倒防止のため、容器とふたが一体型のもので、四角い形の容器をお勧めします。

2.生ごみを極力減らしましょう。

カラスは色覚、猫・犬は嗅覚が発達しているため、食品のムダ、食べ残しを少なくし、生ごみを減らしましょう。また生ごみ処理機などの利用も効果的です。

ごみの説明会

ごみの収集や生活環境の保全は、皆様のご協力により成り立っています。
ごみに関する疑問などがある場合、町会、自治会、子ども会など地域の団体で申し込んでいただければ、説明会に行かせていただきます。説明会では、日ごろ分別に迷うようなことでも、できるだけ現物を使って説明させていただきます。
また、説明会の最後には質問の時間を設けますので、分からないことがあればご質問ください。 

How to put out your trash

ENGLISH VERSION(PDF:287.9KB)

CHINESE VERSION(PDF:4.2MB)

KOREAN VERSION(PDF:432.6KB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 生活環境課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8122(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ