現在の場所

住民票は他市でも請求できますか。

答え

住民基本台帳ネットワークシステムに参加している市区町村では、住所地以外のどこでも、住民基本台帳カードまたは個人番号(マイナンバー)カードを提示し、暗証番号を入力することで、本人や同一世帯の住民票の写し(「広域交付住民票」)の交付が受けられます。
また、運転免許証やパスポートなど官公署発行の顔写真付きの免許証・許可証の提示でも交付が受けられます(健康保険証、年金手帳等は不可)。

交付手数料は市区町村により異なります。和泉市は1通300円です。
ただし、住所地の市町村が発行するものとは様式が違い、本籍地や筆頭者氏名、住所の履歴が記載されたものは請求できません。これらの記載のある住民票の写しが必要な人は、住所地の市町村で請求してください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 市民室 市民担当 市民グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8117(直通)
ファックス:0725-40-2306(送信間違いにご注意ください)
メールフォームでのお問い合わせ
FAQ

ページの先頭へ