現在の場所

婚姻届

新婚世帯を支援します

 和泉市で親元近居される新婚世帯に、最大30万円の補助が得られます。

 詳しくは、下記リンク先、または市長公室政策企画室(99-8102)まで。

 詳しくはこちらまで

 

婚姻届の用紙はどこでもらえますか

 和泉市役所本庁の市民室市民担当(1号館2階)、和泉シティプラザ出張所、サービスセンターの窓口でお渡ししています。

 オリジナル婚姻届についてはこちらまで

 

婚姻届を提出するときには何が必要ですか

  婚姻届(証人2名の署名・押印が必要です)
  本人確認書類
  夫になる人の戸籍謄本(夫になる人の本籍地が和泉市の場合は必要ありません)
  妻になる人の戸籍謄本(妻になる人の本籍地が和泉市の場合は必要ありません)
  夫・妻になる人の印鑑

 本人確認書類については下記の記事をごらんください。

本人確認書類

どこに提出すればいいですか、土曜日や日曜日に提出はできますか

 和泉市役所本庁の市民室市民担当(1号館2階)、または和泉シティプラザ出張所の窓口で届出をしてください。
 土曜日や日曜日に和泉市役所本庁で用紙を提出する事ができます。和泉シティプラザ出張所では提出できません。和泉市役所本庁は夜10時から朝8時まで正面玄関を施錠しています。上記時間帯に来られる場合には、正面玄関スロープ下のインターホンで呼び出してください。
  詳細については下記の記事をごらんください

受付場所、受付時間について

証人にはだれがなるのですか

 成年に達していて、婚姻する方双方の婚姻の意思を確認できる方でしたら、どなたでも証人になる事ができます。ご友人やご両親でもかまいません。
 注意:外国籍の方の場合、その方の本国の法律で成年に達していて、日本国内に住民登録があることが必要です。

 

未成年者でも婚姻はできますか

 男性は18歳、女性は16歳に達すれば婚姻することができます。
 ただし、未成年者の婚姻には父母の同意が必要となります。(未成年の養子が婚姻する時には、養父母の同意が必要となります)

 

未成年者の婚姻で父母の同意はどのように示せばいいですか

 下記のいずれかの方法でお願いします。 
 ・未成年者の父母が、婚姻届の証人欄に署名・押印する
 ・未成年者の父母が、届書の『その他欄』に同意する旨を記載し署名・押印する
 ・未成年者の父母が同意書を記入し、婚姻届に添付する(同意書は窓口でお渡しします)
 

「夫婦の新しい本籍」とは何ですか。どこにすればいいですか

 親の戸籍に在籍している方がご自身の姓で婚姻する場合、夫婦で新しい戸籍をつくる事になります。その際に、戸籍をどこにおくか(本籍をどこにするか)を婚姻届の中に書いていただきます。
 本籍は住所とは関係なく、日本国内であれば住んでいない所にもおくことができます。
 戸籍に関連する証明は本籍地の市区町村役場に請求することになるので、住所に合わせて本籍をおかれる方もいれば、親の本籍に合わせる方や思い入れのある場所に本籍をおかれる方もいます。
 ご夫婦でお話し合いの上、決めてください。
 ただし、土地台帳に存在しない地番を本籍とすることはできません。
 また、住居表示されている住所に合わせる場合、末尾の住居番号や部屋番号は省略されます。

 

婚姻届の提出と同時に和泉市に住所を変更しますが、住所の欄にはどこの住所を書けばいいですか

 婚姻届の提出と同時に和泉市に転入届(他の市から和泉市に引越し)をする場合、新しく住む和泉市の住所を届書に書いてください。
 転入届に必要なものについては、下記のリンク先をごらんください
住民登録(リンク) 
注意:土日や開庁時間外に届書を提出される場合は、同時に住所の変更は行えないのでご注意ください。

住民登録

婚姻届を提出した後、新しい夫婦の戸籍謄本はすぐに発行してもらえますか

 婚姻後の夫婦の本籍が和泉市の場合、婚姻事項が記載された戸籍謄本の発行には提出日から3~5日かかります。
 また、婚姻後の夫婦の本籍が和泉市以外の市区町村の場合、本籍地の市区町村役場で戸籍謄本が発行できるようになるには約1週間かかります。
 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 市民室 市民担当 戸籍グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8119(直通)
ファックス:0725-40-2306
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ