現在の場所

お家でも作ってみてね!簡単朝ごはんレシピ

毎月19日は食育の日

 食育の推進を継続的に展開し、食育の一層の定着を図るため、文部科学省が毎月19日を「食育の日」と制定しました。

 なぜ、19日かというと、

   1.食育の「育(いく)」という言葉が「19」という数字を連想させること

   2.「食育」の「食」という言葉も「しょ→初→1、く→9」という考え方から「19」を連想させること

 以上から、19日が「食育の日」となりました。

 和泉市でも、食育の一環として季節ごとに和泉市でも収穫される地場のものを使った簡単レシピをご紹介していきます。

 

今よりもう一品!よりバランスの良い朝食を。

 朝は忙しくて朝食を作る時間が取れない、こどもには朝食を用意するけれど自分の朝食はあまり気にかけていない、という方も少なくないのではないでしょうか?

 朝食には、以下のような働きがあります。

  ・体温を上げて、身体を目覚めさせるスイッチ

  ・脳や身体機能をウォーミングアップさせて、集中力や記憶力を高める

  ・太りにくい体質になり、生活習慣病の予防にもつながる    などなど・・・

 

毎日の朝食で、工夫できるところを探して、1つずつ実践してみましょう!

 

~朝食の工夫~

 おにぎり・パンなどの主食だけになりがち・・・

    ⇒ スープや野菜など、もう一品加える

 朝食をゆっくり作る時間がない!

    ⇒ 夕食を作るときに、+αで作って朝食に活用する

    ⇒ 豆腐やトマト、チーズなど、調理のいらないものを追加する

    ⇒ 時間短縮できるように、電子レンジなどを活用して一品増やす

 

お家でも作ってみてね!簡単朝ごはんレシピ

 地場のものは何よりも新鮮で安価なものが多く出回ります。

 和泉市で収穫される豊富な農産物を使って、お家でも作っていただけるような簡単朝ごはんレシピをご紹介します!

 それぞれの時期に収穫される野菜を使ったレシピを、季節ごとにご紹介していきますので、お楽しみに。

 

ズッキーニのオープンオムレツ

 材料を切ったら、後は混ぜて焼くだけです。オープンオムレツなので、焼き始めたらひっくり返さずそのままで。

ズッキーニのオープンオムレツ(PDF:163.1KB)

ぶどうのヨーグルトデザート

 季節のフルーツを朝ごはんに!お食事からも無理なく水分補給しましょう。

ぶどうのヨーグルトデザート(PDF:190KB)

 

具材は地場のものや旬のもの、お家にあるものでアレンジしてみても良いですね!

家族でご飯を食べている絵

 

地場のもの(地場産物)とは?

 住んでいる地域で収穫された食べ物を地場のもの(地場産物)といいます。

 和泉市は穏やかな気候風土と清く豊かな水に恵まれ、特産のみかんを初めとして、いちごや泉州特産の水なす、たまねぎ、たけのこ、軟弱野菜(水菜、ほうれん草など)や水稲の栽培も盛んです。

 時期ごとに収穫される地域で収穫されたものをその地域で消費する地産地消も、地場のもの・旬のものをより一層おいしく食べる方法のひとつです。

 

 昨今は数多くの食材が年中出回り、旬がわかりにくくなってきましたが、本来は季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬のもの」と呼びます。

 他のどんな国にも「旬の楽しみ」はありますが、日本ほど豊かな四季の食材であふれる国はなく、また、その多彩な調理法にいたっては世界でも類を見ないほど豊かです。

 旬の食べ物は、安価で、新鮮栄養価も高く、食材本来の香りやうまみが強くなります。

 地場のものは収穫してから私たちの手元に届くまでの時間が短いので、より一層おいしく味わえます。

 

8月の地場のもの・旬のもの

 今月は、ズッキーニとぶどうをご紹介します。

~ズッキーニ~

 日本ではまだ馴染みの薄いズッキーニですが、最近は大分普及し、家庭菜園でも人気が出てきているようです。見た目からきゅうりの仲間と思われがちですが、実はかぼちゃの仲間。かぼちゃとよく似た花が咲いて、主軸から突き出すように実が付きます。緑色の細長いものが主流ですが、黄色いものや丸いもの、花が付いたものなど様々な種類があります。

 突出した栄養素はありませんが、カリウムやβカロテン、ビタミンC、葉酸などが適度に含まれています。果肉はなすに似た肉質で、ほのかな甘みと苦味が様々な料理に活かされます。

 重みがあり、全体的にツヤのあるものを選びましょう。太さが均一で切り口のみずみずしいものが良いですね。ほかの夏野菜と同様で、冷えすぎると傷みが早くなります。新聞紙やラップで包み、冷暗所で保管しましょう。かぼちゃのように寝かせておいしくなるタイプではないので、3~4日程度で、なるべく早く使い切りましょう。


~ぶどう~

 ぶどうは歴史が古く、紀元前3000年頃にはカスピ海沿岸で栽培が開始されていたようです。日本には12世紀頃に中国から渡来し、甲州で栽培され始めたのが始まりです。世界で最も栽培されている果物で、その種類は1万種以上にのぼると言われています。

 ぶどうの旬は7~10月頃です。種類によっては4月から出始め、7月頃にはほとんどの種類が出揃います。栄養素ではカリウムや鉄、亜鉛、銅などのミネラルがたくさん含まれますが、なんといってもポリフェノールが豊富に含まれます。これは主に皮と種に含まれるため、皮ごと食べたり、丸ごと潰してジュースにしたりして食べると良いでしょう。

 色が濃く、張りがあってずっしりと重いものを選びましょう。「ブルーム」と呼ばれる白く粉をふいたようなものが付いているものが良いです。

 実に負担がかからないよう、一房ずつ袋などに入れて野菜室で保存しましょう。水につけると傷みが早くなるため、洗うのはなるべく直前にしましょう。房のままでなくても良いなら、枝を2、3ミリ残して、実を1粒ずつ切り離して密着袋に入れて保管しましょう。1週間までを目安に食べ切りましょう。

 

バックナンバー

おだしのとり方(PDF:142KB)

2016年6月に紹介したもの~玉ねぎ、いんげん豆を使ったレシピ~(PDF:353.3KB)

2016年8月に紹介したもの~オクラ、なす、トマトを使ったレシピ~(PDF:350.6KB)

2016年10月に紹介したもの~きのこ、さつまいもを使ったレシピ~(PDF:391.1KB)

2016年12月に紹介したもの~ブロッコリー、みかんを使ったレシピ~(PDF:346.1KB)

2017年3月に紹介したもの~たけのこ、春キャベツを使ったレシピ~(PDF:338.1KB)

2017年6月に紹介したもの~きゅうり、かぼちゃを使ったレシピ~(PDF:358KB)

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

〒594-0041
和泉市いぶき野五丁目4番7号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健福祉センター
(和泉シティプラザ南棟2階)
電話:0725-57-6620
ファックス:0725-57-6623

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ