現在の場所

予防接種

予防接種は、感染症が流行することを防ぐとともに、予防接種を受けた本人が、病気にかからないように、あるいはかかっても重くならないようにすることができます。平成6年の予防接種法の改定で、接種を受けるかどうかは努力義務となり保護者の意思で決められるようになりました。しかし、予防接種の重要性は変わるものではなく、現在病気が流行していないのは予防接種で多くの人が抵抗力をつけているためだとも考えられます。本市においては、すべての予防接種を和泉市医師会のご協力のもと市内実施医療機関(予防接種実施医療機関表参照)で行っています。予防接種は、説明をよく読んで理解したうえで接種するようにしてください。 

 小児用肺炎球菌は、平成25年11月から肺炎球菌結合型7価から13価に変更となりました。
 平成25年6月14日から、子宮頸がんワクチンの接種は、積極的な勧奨を一時中止しています。

平成30年度定期予防接種実施医療機関(PDF:48KB)

平成30年度 定期予防接種概要(PDF:143KB)

予診票は出生届出時に『予防接種手帳』を配布

本市では、出生届出時に『予防接種手帳』を配布しています。まだ、お持ちでない人は保健センター、保健福祉センター、市役所市民室、シティプラザ出張所で受け取ってください。また、実施医療機関には各種類ごとの予診票もあります。転入者の人で前住所地でほとんどの接種を済ませている場合などは実施医療機関備え付けの予診票を使用してください。

各種接種の予診票は医療機関にも設置しています。

学童期に受ける予防接種と予診票

  1. 日本脳炎第二期・特例接種対象者(9歳以上の人)
    実施医療機関に設置しています。
  2. 二種混合第二期(対象学年小学6年生)
    市立小中学校通学者:学校を通じて対象学年時に配布
    私立小中学校通学者、その他:5月に個別郵送通知

持ち物

  • 母子健康手帳
  • こども医療証および健康保険証(対象者の名前が記載されているもの)
  • 予防接種予診票

副反応と思われる症状があった場合

予防接種の後にけいれんや高熱、意識がはっきりしないなど異常な症状があった場合は、すぐに医師の診察を受け、保健センターまでご連絡ください。その他、通常の反応かどうかわからない場合は医師もしくは保健センターまでお問い合わせください。

保健センター 電話0725-47-1551

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ