現在の場所

弾道ミサイル発射時の情報伝達及び行動について

弾道ミサイルが着弾する可能性がある場合

弾道ミサイルが着弾する恐れがある場合、全国瞬時警報システム「Jアラート」によって国から緊急情報が伝達されます。

 その際、本市では防災行政無線が自動起動し、市内各所に設置している屋外スピーカーから自動的にサイレンが流れ、緊急情報に関するメッセージが放送されます。

 また、携帯電話会社から携帯電話に緊急速報メール(NTTドコモ「緊急速報エリアメール」、KDDI・ソフトバンク「緊急速報メール」)で緊急情報が配信されます。

 使われている電話が、緊急速報メールを受信できるかどうかの確認手順等は、次のとおりですので、お知らせします。

確認手順 (PDF:251.8KB) 

 

 

弾道ミサイルに関する緊急情報が伝達されたときは、下記を参考に落ち着いて行動してください。

弾道ミサイル落下時の行動について

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

国民保護ポータブルサイト

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 公民協働推進室 危機管理担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8104(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ