現在の場所

助産施設入所制度

助産施設入所制度とは

保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により出産費用の負担が困難である妊産婦に対し、指定の助産施設においてその出産費用を助成する制度です。事前の健診などは対象となりません。また、所得に応じた負担金の納入が義務付けられています。この制度の利用をご希望される方は、事前にこども未来室までご相談ください。

対象者

  • 生活保護受給世帯や市府民税非課税世帯などの世帯に属する妊産婦

対象施設

  • 指定の助産施設(医療機関・助産院)
  • 和泉市内であれば大阪府立母子保健総合医療センター、府中病院、咲花病院

申請手続き

申請は出産予定日のおよそ2か月前から1か月前にお願いします。
入院後の申請はできませんのでご注意ください。

申請の際には以下のものが必要になります。

  • 母子健康手帳
  • 健康保険被保険者証
  • 印鑑
  • 生活保護受給証明書(必要な方のみ)
  • 所得証明書(1月から5月の出産は前年度分、6月から12月の出産は当該年度分の所得証明書が必要となります。)
  • その他(市が必要と認めるもの)

なお、申請時にはご家族の状況や経済的な事情等をお尋ねしますことをご了承ください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室 こども支援担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8136(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ