現在の場所

外国人の皆様へ(平成24年7月9日からの新制度について)

平成24年7月9日から、現在の外国人登録法が廃止され、新制度がスタートしました。

「外国人登録原票記載事項証明書」から「住民票」へ

 外国人住民の方は、従来は「外国人登録原票」に登録されていましたが、新制度がスタートしたことにより、日本人住民と同様に「住民基本台帳」に記載されています。

このことにより、外国人住民の方は従来の「外国人登録原票記載事項証明書」に代わり「住民票」を取得することができます。

対象になる人

観光などの短期滞在者等をのぞき、適法に3か月を超えて在留し、住所がある外国人の方。

「外国人登録証明書」から「特別永住者証明書」又は「在留カード」へ

新たな制度では、現在の 「外国人登録証明書 (外登カード)」は廃止となり、「在留カード」又は「特別永住者証明書」へ一定期間内に切替が必要となります。それまでは「外国人登録証明書」が「在留カード」又は「特別永住者証明書」とみなされます。

特別永住者の方

いまお持ちの「外国人登録証明書」は、カード表面に載っている次回確認申請期間の始期(誕生日)まで有効です。 16歳未満の方は16歳の誕生日まで有効です。

切替手続きは市役所で行っていただきます。

 永住者の方

新制度開始から3年以内入国管理局で、切替手続きを行っていただきます。(16歳未満の方は除く)

上記以外の方

新制度開始後、在留期間の更新時、または在留資格の変更時入国管理局で在留カードが渡されます。(16歳未満の方・在留資格が「特定活動」の方は除く)

くわしくは、法務省入国管理局ホームページ、総務省ホームページをごらんください。(英語等でも掲載されています)

お引越し時の手続きについて

いままでの制度では、他市町村へお引越しをされたときには、転入先の市町村にだけ居住地変更登録の申請をするのみでしたが、新制度では日本人住民の方と同様に、外国人住民の方も、まず転出地の市町村に転出届をして「転出証明書」を受け取った後、転入先の市町村でその「転出証明書」を添えて、転入届をしていただくことになります。

その際、在留カードまたは特別永住者証(切り替え時までは外国人登録証明書)を必ず持ってきてください

各種申請・届出窓口について 

市役所

1.入国後、住居地を定めたときの届出。
2.住居地を変更したときの届出。
3.特別永住者証明書の記載事項の変更や再交付申請。
4.特別永住許可申請。

入国管理局

1.在留カードの氏名、生年月日、性別、国籍・地域を変更したときの届出。
2.在留カードの再交付申請。

(*注):これまでの「外国人登録証明書」の記載内容変更・再交付の手続きは市役所で行っておりましたが、改正後の「在留カード」についての手続きは入国管理局での取り扱いとなりますのでご注意ください。

その他の注意事項 

「住民票」に記載される内容は、「外国人登録原票記載事項証明書」に比べ大幅に少なくなります。そのため、これまで即日お渡しできた次に挙げる項目等については、ご自分で入国管理局に直接お問い合わせいただくため、時間がかかることが予想されますのでご注意ください。
(例)居住履歴、家族事項、上陸許可年月日などの記載

在留カード、特別永住者証明書見本

新たな在留管理制度に関するホームページ

特別永住者制度に関するホームページ

外国人住民に係る住民基本台帳制度に関するホームページ

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 環境産業部 市民室 市民担当 記録グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8118(直通)
ファックス:0725-40-2306
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ