現在の場所

平成26年12月1日から児童扶養手当と公的年金の併給が可能になりました

  これまで、公的年金(注釈1)を受給する方は児童扶養手当(父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない児童を養育している家庭に支給される手当)を受給できませんでしたが、平成2612月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。児童扶養手当を受給するためには、こども未来室への申請が必要です。

  (注釈1)遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

 

今回の改正により新たに手当を受け取れる場合

・お子さんを養育している祖父母等が、低額の老齢年金を受給している場合

・父子家庭で、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合

・母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが低額の遺族厚生年金のみを受給している場合  など

 

<参考:児童扶養手当の月額> (平成264月~)

・児童1人の場合

  全部支給:41,020円 

  一部支給:41,010円~9,680円(所得に応じて決定されます)

・児童2人以上の加算額

     2人目:5,000円、3人目以降1人につき:3,000円

(注釈2)受給している年金額が手当額よりも低いかどうかは、下記問合せ先へご相談ください。

 

 新たに手当を受給するための手続き

 児童扶養手当を受給するためには、こども未来室への申請が必要です。申請については下記問合せ先までお問合わせください。

 

支給開始日

 手当は申請の翌月分から支給開始となります。ただし、これまで公的年金を受給していたことにより児童扶養手当を受給できなかった方のうち、平成26121日に支給要件を満たしている方が、平成273月までに申請された場合は、平成2612月分の手当から受給できます。

 

   

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会 こども部 こども未来室 こども支援担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8136(直通)
ファックス:0725-44-3844
メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ