現在の場所

転入された人の妊婦・乳幼児健康診査などについて

他市で発行された「健康診査受診券(妊婦・乳児一般・乳児後期)」「予防接種予診票」については利用できない場合があります。「親子(母子)健康手帳」はそのままお使いください。

妊婦の人へ

以下の手続きをしますので、保健センターまたは保健福祉センターの窓口へお越しください。


・「妊娠届出」がまだの場合は、届出の手続きをしてください。
「親子(母子)健康手帳」の交付と、「和泉市妊婦健康診査受診券」「和泉市妊婦歯科検診受診券」「マタニティキーホルダー」「父子健康手帳」「乳児一般健康診査受診票」を配付します。

 *届出の際には、個人番号(マイナンバー)の記載が必要となりますので、個人番号カード、もしくは通知カードと身分証明書(運転免許証等)をご持参下さい。なお、代理で申請される場合は、委任状と代理の方の身分証明書が必要になります。


・「妊娠届出」を以前お住まいの市町村で済ませている場合は、お持ちの親子(母子)健康手帳と妊婦健康診査受診券を持参のうえ、「和泉市妊婦健康診査受診券」発行の手続きをしてください。
「和泉市妊婦健康診査受診券」「和泉市妊婦歯科検診受診券」「マタニティキーホルダー」「父子健康手帳」「乳児一般健康診査受診票」を配付します。

乳幼児がいる保護者へ

・生後3か月頃までの乳児がおられる家庭に「乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)」を実施していますので、保健センターまたは保健福祉センターまでお問い合わせください。

 

・「乳児後期健康診査受診票」(生後9か月~1歳未満の子どもが対象)が必要な場合は、保健センターまたは保健福祉センターの窓口で申請手続きをしてください。
なお、乳幼児健康診査については、保健センターまたは保健福祉センターまでお問い合わせください。


・乳幼児期に受ける予防接種の多くが未実施の場合は、市民課窓口又はシティプラザ出張所で「予防接種手帳(予診票つづり)」をもらってください。
ほとんどの予防接種が終わっている場合は、和泉市内の各実施医療機関で備え付けの予診票を受け取り、未接種の予防接種を行ってください。
詳しくは保健センターまでお問合せください。

 

小学生以上の子どもがいる保護者へ

・学童期予防接種の対象年齢(二種混合第二期:小学校6年生、子宮頸がん予防:小学校6年生~高校1年生相当の女子)にあたる子どもがいる場合で、前住所地で対象となる予防接種を接種されずに転入してこられた人は、接種方法などを保健センターまでお問い合わせください。

なお、平成25年6月14日から、子宮頸がんワクチンの接種は、積極的な勧奨を一時中止しています。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

〒594-0041
和泉市いぶき野五丁目4番7号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室健康増進担当
保健福祉センター
(和泉シティプラザ南棟2階)
電話:0725-57-6620
ファックス:0725-57-6623

メールフォームでのお問い合わせ

ページの先頭へ