現在の場所

出産育児一時金

支給要件

和泉市国民健康保険被保険者が出産をしたとき(妊娠85日以上の流産・死産も含まれる)

ただし、同一の出産につき職場の健康保険などの規定によって、これに相当する給付をうけることができる場合(被保険者本人として1年以上加入し、退職後6か月以内に出産した人等)には、国民健康保険からの給付を行いませんので以前お勤めであった職場又は健康保険組合等にお問い合わせください。

直接支払制度について

国民健康保険の被保険者が出産した場合、医療機関の窓口において被保険者証を提示し専用の合意文書を記入するだけで、国民健康保険から出産育児一時金が医療機関などに直接支払いされ、出産費用に対し出産育児一時金を充てることができる「出産育児一時金直接支払制度」が平成21年10月から始まりました。
この制度を利用すると、42万円(産科医療補償制度に加入していない場合は404,000円)の範囲内で、まとまった出産費用を事前に用意しなくてもよくなります。

注記:出産費用が出産育児一時金の金額を超える場合は、その差額分を退院時に直接医療機関などにお支払いください。また、出産育児一時金の金額未満の場合は、その差額分を国民健康保険に請求することができます。
(その際は被保険者証・印鑑・直接支払制度に係る合意文書の写し・領収書・世帯主名義の振込先が分かるものが必要です。)

支給金額

 1児につき420,000円
(ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関等で出産した場合は、1児につき404,000円

申請に必要なもの

  1. 来庁者の被保険者証
  2. 世帯主の印鑑
  3. 出産にかかった費用の領収証
  4. 世帯主名義の銀行口座番号
  5. 直接支払制度に係る合意文書の写し
  6. 死産証明(妊娠85日以上の流産・死産の場合)又は死胎火葬許可証
  7. 代理人が申請の場合は上記に加え委任状、代理人の免許証又はパスポート等

 

委任状のひな型は下記よりダウンロードできます。注意:記入上の注意を必ずご覧ください

委任状(国民健康保険届出洋ひながた・記入上の注意)(PDF:82.7KB)

海外出産に係る出産育児一時金の申請について

 海外で出産をした場合、1児につき404,000円支給されます。申請方法は以下のとおりです。

申請に必要なもの

  1. 出産した国への出入国スタンプが確認できるパスポート、航空券、その他海外に渡航した事実が確認できる書類の写し
  2. 世帯主名義の銀行口座番号
  3. 世帯主の印鑑
  4. 来庁者の被保険者証
  5. 出生証明書とその日本語訳
  6. 公的機関から発行された戸籍謄本等、出生が確認できる書類とその日本語訳
  7. 調査に関わる同意書
  8. 代理人が申請の場合は上記に加え委任状、代理人の免許証又はパスポート等

用意のできない書類等がございましたら、国民健康保険担当までお問い合わせください。

 

調査に関わる同意書のひな型は下記よりダウンロードできます。

調査に関わる同意書(PDF:131.5KB)

申請場所・受付時間

和泉市役所保険年金室:午前9時~午後5時15分

和泉シティプラザ出張所(和泉中央):午前9時~午後5時15分

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 生きがい健康部 保険年金室 国民健康保険担当 資格給付グループ
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8128(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ