現在の場所

飼犬登録

飼犬登録

1頭につき3,000円
生後91日以上でまだ登録が済んでいない場合は、保健センターで登録受付を行っています。登録時、飼主の住所・氏名・犬の種別・生年月日・毛色・名前をうかがいます。窓口でご記入頂くか、下記から登録申請用紙をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、保健センターへ提出願います。

狂犬病予防注射

狂犬病予防注射は年に1回必ず接種しましょう。集合注射時に接種できなかった場合でも、動物病院で接種することができます。

狂犬病予防注射済票交付

1頭につき550円
市内の予防注射委託動物病院以外で狂犬病予防注射を実施された場合は、狂犬病予防注射済票を保健センターで交付します。注射をされた証明書と手数料550円を持参してください。

登録内容に変更があるとき

  1. 市内での転居・飼い主の変更等の場合は、電話でお知らせ頂くか、下記の登録変更届の用紙に記入頂きFAX、郵送、メールで保健センターまでお知らせください。
  2. 市外へ転出・市外の飼い主に変更となった場合は、鑑札をもって新しい市町村の担当課で変更手続きを行ってください。
  3. 市外から転入・市内の飼い主に変更となった場合は、転出先の鑑札をもって保健センターまでお越しください。新しい鑑札と無料交換します。鑑札を紛失されている場合は、再発行手数料1,600円が必要です。

犬が死亡したとき

登録抹消の手続きを行いますので、鑑札をもって保健センターまでお越しください。お越しいただけない場合は、鑑札を同封し、下記の死亡変更届の用紙に記入のうえ、郵送でお送りください。鑑札を紛失されている場合は、電話または下記の登録事項変更届の用紙でFAX、郵送、メールで保健センターまでお知らせください。

(飼い犬の死亡時の引き取りは行っていません。)
いずみ霊園(電話43-1242)において有料で火葬できます。

 

 

各種申請用紙は、次からダウンロード頂けます。

犬の死亡・市内での転居・飼い主の変更等の場合は、電話・郵送・FAX・Eメールでの受付ができます。

 

犬新規登録申請書(兼領収書)(EXCEL:24.7KB)

犬新規登録記入例・犬種及び色目コード表(PDF:1.1MB)

犬の死亡・登録事項変更届書(EXCEL:13.8KB)

犬の死亡・変更届_記入例(PDF:271.8KB)

 

送付先 

     〒594-0071 和泉市府中町四丁目22番5号

        和泉市立保健センター
        生きがい健康部健康づくり推進室、予防推進担当 
       TEL 0725-47-1551
       FAX 0725-46-6320
       E-mail:yobou@city.osaka-izumi.lg.jp

犬を正しく飼わないと罰則があります

動物の愛護及び管理に関する法律

一部改正で罰則規定も追加 動物の愛護及び管理に関する法律 動物の保護及び管理に関する法律が平成12年12月1日に一部改正され、下記のような動物の愛護とその正しい飼い方についての決まりができました。 責任感を持って正しく動物を飼いましょう。

  1. 動物の飼い主等は、命あるものである動物の所有者等としての責任を十分自覚し、その動物を正しく飼うことにより、動物の健康を守り、また人に危害を加えたり、迷惑をかけないように努めなければならない。
  2. 動物取扱業者は都道府県知事等への登録義務がある。
  3. 都道府県知事等は、多数の動物を飼うことにより、周辺の生活環境が損なわれている場合には、その者に対し、必要な措置をとるよう勧告・命令ができる。
  4. みだりに愛護動物を殺傷した者には、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金、みだりに愛護動物を虐待し、又は遺棄した者は50万円以下の罰金等罰則が与えられる。

犬は正しいしつけをして飼わなければ、知らず知らずのうちにご近所や他人に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。飼い主は家族の一員である犬が周りの人に不快な思いを与えないようモラルをもって飼いましょう。

登録及び狂犬病予防注射は必ず受けさせましょう

  • 犬の登録は1生涯1回で、狂犬病予防注射は毎年1回行いましょう
  • 登録時にもらう犬の鑑札及び狂犬病予防注射時にもらう狂犬病予防注射済票は犬の首輪につけるようにしてください(迷い犬になっても見つかりやすくなります)

登録内容が変更されたら保健センターへ

飼い犬が死亡した時や飼い主が転居した時は保健センターまで届け出てください。飼い主が転出した場合は、転出先の市町村の飼犬登録担当課まで届け出てください

飼い犬は家族の一員です

家族同様愛情と責任をもって、終生大事に飼いましょう(引っ越しの時も必ず連れていってあげましょう)

犬の糞は必ず始末しましょう

散歩に行くときはビニール袋とスコップなどを持参し、犬が排泄した糞は必ず飼い主が責任をもって始末しましょう

不幸な命をつくるのはやめましょう

生まれてくる子犬を育てる見込みがないようならば、去勢や避妊手術を行うなどして繁殖制限を行いましょう

犬はつないで飼いましょう

  • 放し飼いはやめましょう(尚、敷地内、飼い犬をおりに入れて飼養、囲い等の障壁の中で飼養する場合は除く)
  • 散歩中もつなぎながら散歩させてください(敷地内は除く)

散歩は十分させましょう

ずっとつながれたままの状態だけでは犬もストレスがたまり、問題行動を起こしやすくなります。できれば毎日決まった時間に犬の大きさにみあった十分な散歩をしてあげましょう

犬にはしつけと訓練を

愛犬には社会生活に適応させるようしつけることが重要です。ご近所や他人に迷惑をかけないようにするために、深い愛情をもって根気よく厳しくしつけをしてください

犬は絶対捨てない

飼えなくなった場合はまず飼い主を自分で探してください。飼い主がどうしてもみつからない場合は大阪府動物愛護管理センター 泉佐野支所(072-464-9777)に引取りを依頼し、野犬を作らないようにしましょう

犬の問題行動は飼い主が責任をもって

犬にとっては正常な行動でも、人間にとっては不快と思われる行動(吠える、かむ、飛びつく、逃げ出す、威嚇(いかく)するなど)が繰り返し見られる場合は、ご近所や他人に迷惑をかけないように早急に対処しましょう。場合によっては獣医さんに相談するなどして、専門家のアドバイスをもらいましょう

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-0071
和泉市府中町四丁目22番5号
和泉市 生きがい健康部 健康づくり推進室予防推進担当 保健センター
電話:0725-47-1551
ファックス:0725-46-6320

メールフォームでのお問い合わせ

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

ページの先頭へ