現在の場所

和泉市内すべての防犯灯をLED化

和泉市は、市内の各町会・自治会に設置されている防犯灯(蛍光灯・水銀灯)をすべてLED防犯灯(白色LED)に変更しました。
LED防犯灯への変更は、東日本大震災以降電力不足への対応や町会・自治会の電気料金の負担の軽減などを目的に、約11,900灯を平成24年度(約6,100台)、平成25年度(約5,800台)の2カ年で行ったものです。
また、LED防犯灯は、町会・自治会からの意見も取り入れ、地元電気事業者の活性化を推進するため、独自のリース方式で導入しました。
LED防犯灯にすることにより、従来の蛍光灯や水銀灯などの防犯灯に比べ、年間で消費電力が約36%軽減され、電気料金が年間約1,680万円軽減(既存防犯灯の場合年間約3,600万円)されます。
(注記)電気料金は平成25年10月現在(関西電力料金)
設置された町会・自治会からは、「省エネや電気料金も軽減になり、今まで以上に道路が明るくなった・・・」などの声もいただいています。
また、各自治体からの問い合わせや視察も多数あります。

LED化した防犯灯

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 公民協働推進室 危機管理担当
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8104(直通)
ファックス:0725-41-1944
メールフォームでのお問い合わせ
ニュースリリース

ページの先頭へ