現在の場所

「葛の葉伝説」をテーマに描いた屏風が寄贈

和泉市教育委員会は、7月6日(月曜日)和泉市在住の今岡一穂氏(いまおか かずほ)から和泉市の伝説である「葛の葉伝説」をテーマに墨で描いた屏風の寄贈を受けました。

今岡氏は、成安造形大学(滋賀県大津市)美術領域日本画コースの在籍中に卒業制作として、この屏風を描きました。

屏風には、「葛の葉伝説」のハイライトである、白狐とその子である童子丸(安倍晴明)との別れのシーンが描かれており、本間二曲一双で左隻右隻とも縦168センチ×横185センチとなっています。

寄贈いただいた屏風は、信太の森ふるさと館(和泉市王子町914-1)で、7月19日(日曜日)から8月23日(日曜日)まで展示されます。

・ご好評につき展示期間を10月4日(日曜日)まで延長します。

【葛の葉伝説】

その昔、安倍保名という男が、信太の杜へ来た際に、狩人に追われていた白狐を逃がしてやった。邪魔をされた狩人は激昂し、保名に怪我を負わせて去ってしまった。そこへ葛の葉と名乗る女性が現れ、保名を介抱したのだが、その女性は、保名に助けられた白狐が人間に姿になって現れたものであった。二人は夫婦になり男児が生まれ、童子丸(後の安倍晴明)と名付けた。ある日、夫と子に正体を見られてしまった葛の葉は、「恋しくば たずね来てみよ 和泉なる 信太の森の うらみくずの葉」という歌を残して、涙ながらに別離するのであった。

和泉市には、葛の葉が姿を映したと伝えられる「鏡池」など、「葛の葉伝説」ゆかりの地がいくつも残っており、信太の森ふるさと館で伝説にちなむ各種資料を展示しています。

屏風を紹介する今岡氏

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 教育委員会生涯学習部 文化財振興課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8163(直通)
ファックス:0725-41-0599
メールフォームでのお問い合わせ
ニュースリリース

ページの先頭へ