現在の場所

観光案内スタッフに多言語実践ガイド演習を実施

和泉市は、外国人観光客に対するガイド力の向上・外国人観光客が安心して訪れることができる環境を整えることを目的に、観光案内所コンシェルジュ、和泉観光ボランティアクラブ会員を対象に英語・中国語講師による現地での実践ガイド演習を3月9日(金曜日)に開催しました。

実践ガイド演習では、観光案内の際に則実践できるよう実際に観光地を訪れ、英語・中国語の外国人講師から、基本的な自己紹介の仕方・マナーの伝え方などのほか、西国三十三所の第四番札所の施福寺などの観光地では、実際に住職や美術館学芸員が説明した内容を講師が簡潔に翻訳し、その場で参加者がすぐに発声練習するなど、現地開催ならではの即席ガイド練習とともに、外国の方々がどこに興味を持つか、どう伝えたら喜んでもらえるかなどのレクチャーを受けました。

参加者は、現地での観光案内をしている和泉観光ボランティアクラブ会員14名と市の主要駅のJR和泉府中駅・泉北高速鉄道和泉中央駅に在る和泉市いずみの国観光おもてなし処のコンシェルジュ(観光案内人)2名。

講師からは、「言葉を超えてまずは親しみを持って接することが大事、その後、外国の方々にいかに簡単に伝えるかを考えて接してください。」と話し、参加者の和泉観光ボランティアクラブ会長の水智弘氏は、「多くの外国の方々が大阪に訪れている。我々案内人も外国の人々の気持ちを知り、和泉市に訪れてもらうよう気持ちのよい“おもてなし”をめざしたい。」と話した。

和泉市では、外国人観光客を誘致するため、昨年度に市観光情報ホームページの多言語化など実施し、今年度には、多言語案内看板の設置、WIFIスポットの増設、主要の観光施設である和泉市久保惣記念美術館のホームページの多言語化など、外国人が安心して訪れることができるよう取組みを進めています。

施福寺で説明する英語講師

美術館で説明する中国語講師

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 いずみアピール課 シティプロモーション係
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8101(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
ニュースリリース

ページの先頭へ