現在の場所

2020東京パラリンピック正式種目シッティングバレーボール近畿リーグが和泉市で初開催

2020東京パラリンピックの正式種目であるシッティングバレーボールの近畿リーグが和泉市で初めて開催されます。
シッティングバレーボール近畿リーグとは、近畿クラブシッティングバレーボール連盟が主催の主に近畿圏内のクラブチーム男子6チーム、女子6チームが参加。約70名が登録・参加し、年4回(総当りのリーグ戦)の成績で優勝チームが決定する。
平成30年度の優勝チームは大阪アタッカーズで、同チームには和泉市出身で和泉市役所いずみアピール課に勤務する嵯峨根望(日本代表候補選手)が所属している。
日時・場所
・日時:令和元年10月6日(日曜日)10時~17時(予定)
・場所:和泉市民体育館

シッティングバレーボールとは
基本的なルールは、立って行うバレーボールと同じ。しかし、床に臀部(でんぶ)の一部が常に接触したまま、サーブ、ブロック、アタックなどを行わなければならない。立ちあがったり、飛び跳ねたりするとリフティングという反則となります。
また、シッティングバレーボールは、国内の試合であれば、コートに1人以上の障がい者がいれば、健常者も参加することができるので、元々、立位のバレーボール経験者が座ってプレーしているケースも多くある。パラスポーツの中で数少ない車椅子を使わない競技で、気軽に体験することができる。立位のバレーボールとは違い、ネットが低い分スピーディーな試合展開にもなる。

なぜ和泉市で初開催
現在、和泉市では、シッティングバレーボールを通じたシティプロモーションに力を注いでいる。具体的には、市民や小・中学校を対象にシッティングバレーボール体験会やシッティングバレー婚活などを行い、普及啓発しています。
今回、シッティングバレー大会の誘致に向け動き、初めて市内開催に至りました。

嵯峨根望コメント
初の地元開催で気合いが入っています。一人でも多くの市民にシッティングバレーの楽しさが伝わるよう精一杯頑張りたい。
和泉市コメント
和泉市で開催することでより多くの和泉市民の方にシッティングバレーボールを知ってもらい、障がいのある方・ない方がスポーツを通じて交わることにより、真の共生社会の実現を図っていきたい。

 

シッティングバレーの様子

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 いずみアピール課
電話:0725-41-1551(代表)
広報広聴係 0725-99-8101(直通)
シティプロモーション係 0725-99-8101(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
ニュースリリース

ページの先頭へ