現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2011年12月

2011年12月27日

こんにちは。
今年も今日を含めて、余すところ5日となりました。
皆様におかれましては、新年を迎えるにあたり大変お忙しい日々を送られていることと存じます。
この5日で一年を締めくくっていただき、新年をお迎えください。
なお、和泉市役所の年末年始は、昨年まで29日が御用納め、1月5日が仕事始めでしたが、本年から28日が御用納め、1月4日が仕事始めとなります。
本年は明日が最終日ですので、お急ぎの御用は明日までにお済ませください。

2011年12月20日

こんにちは。
一昨日の日曜日、高石市のアプラホールで大阪府市長会等主催の「防災シンポジウム」が開催され、私も参加させていただきました。
災害時における行政間の水平連携支援をテーマに、関西学院大学災害復興制度研究所の室崎所長の講演と、総務省消防庁幸田前国民保護・防災部長、岩手県大槌町の伊藤教育長、阪口高石市長の鼎談を拝聴させていただきました。
地震発生から9ヵ月が経過し、復興も徐々に進んではおりますが、雇用創出など課題は山積です。
大阪府下の市町村はカウンターパートとして震災発生当初から岩手県を支援してまいりましたが、これからも長期にわたり支援していく必要があります。
また泉州地域でも沿岸部と山間部の市町村があり、ブロック同士の災害応援体制の確立も急がれます。
市として強化しなければならない課題、また近隣市等と連携して解決しなければならない課題等、検討すべき課題は多岐にわたりますが、引き続き市民の皆様とともに安全安心のまちづくりにしっかりと取り組んでまいりたいと思います。

2011年12月16日

こんにちは。
昨日で和泉市議会平成23年第4回定例会が閉会されました。
今定例会では、土地開発公社(以下、公社)の解散について審議していただきました。
全国のほとんどの自治体は公社を設置して、公共用地の先行取得を行ってきました。
土地の価格が年を追って上昇する時期、その役割を果たしてきたのですが、バブル崩壊後、地価が下落する中で公社の役割が十分発揮できない状況となりました。
当市においても、取得した土地価格が下落し、土地買収のため公社が銀行から受けた融資の金利も膨らんできておりました。
いわゆる5年以上保有する「塩漬け土地」が財政を圧迫することが懸念されるようになってきたのです。
この問題は10年近く前からの懸案事項であり、私も市議会議員のころに解決に向けての指摘もさせていただきましたが、有効な手立てがなく先送りされてきました。
私の市長就任後は、昭和40年代に買収し金利が取得価格の数倍にもなった土地を防災広場として買い戻すなどの対策を講じてまいりましたが、この度は、抜本的な解決が必要との判断から公社を解散することを決断させていただきました。
このことによって約10億円の権利を市は放棄することになるのですが、この問題を今解決しなければ、市の負担はさらに大きくなることは明白です。
今後は公社から取得した土地の有効活用を検討するとともに、健全財政の更なる推進に努めてまいります。
その他、泉北環境整備施設組合(以下、泉北環境)の分担金の見直しについても審議いただきました。
泉北環境は和泉市・泉大津市・高石市の3市でゴミ処理等の施設を運営する一部事務組合です。
今回の分担金の見直しは、経営改革プランの進捗に合わせそれぞれの市の負担が増加しない範囲内で、現状の自治体規模と整合性の取れるよう実施するという平成20年の約束に従ったものです。
3市共同で運営されている施設ですので、当市の立場だけを主張するわけにはまいりませんが、3市の協力体制により更なる合理化が図られるよう努めてまいります。
その他、すべての議案についても可決をいただきました。
議員皆様にお礼申し上げますとともに、更なる市民福祉の充実にご協力いただきますようお願い申し上げます。

2011年12月7日

こんにちは。
朝から一般国道480号父鬼トンネルの貫通式が、同トンネル内で行われました。
昨年9月着工から1年余りの工期で、約1.5キロメートルを貫通いたしました。
事業主体である大阪府、施工者である熊谷組をはじめ関係機関の皆様の熱意ある取り組みと、地元関係者の皆様のご理解とご協力のお陰を持ちまして、トンネルが貫通できたことに心からお礼を申し上げます。
一般国道480号は地域交通の基盤としてまた大阪府と和歌山県の広域幹線道路として、経済や交流の活性化に貢献しておりますが、道路が狭あいであるとともに勾配もきつく、また冬場などは道路が凍結するなど、十分にその機能を発揮できておりません。
そういう意味で、府県間道路の開通は永年の悲願でありました。
すでに大阪府側では逢野トンネルをはじめ1.6キロメートルの区間が、和歌山県側では平道路約4.3キロメートルが供用開始されております。今回の父鬼トンネル貫通で弾みを付け、国直轄事業の鍋谷峠道路約4.1キロメートルを一日でも早く開通していただけるよう更に要望してまいります。

一般国道480号父鬼トンネルの貫通式の様子

2011年12月5日

こんにちは。
昨日、一昨日と和泉市では、「いずみの国太鼓クリエーション2011」をはじめ大変多くのイベントが開催されました。
私の母校である石尾中学校でも、創立50周年記念式典と地域教育協議会主催の第11回石尾っ子「ふれあいフェスタ」が同時に開催されました。
一昨日の土曜日は雨が降りましたが、日曜日は12月とは思えないような陽気で、どの会場も多くの方々で賑わっていました。
ほとんどのイベントが市民主催によるもので、和泉市の市民活動が活発になってきていることを強く感じました。
また和泉市は他市と比較して、ボランティア活動が盛んだとの評価もいただいております。
和泉ボランティア市民プラザ「アイ・あいロビー」のボランティア登録も個人で3,000人を超えております。
また本年の10月から和泉市立病院では、ボランティアの方たちが院内案内などの奉仕活動を実施してくださっています。
これからも市民の皆様のご理解を得ながら、公民協働のまちづくりをしっかり推進してまいりたいと思っています。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ