現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2014年12月

2014年12月26日

こんばんは。
今年も残すところ今日を含めて6日となりました。
今年の干支の甲午(きのえうま)は、困難と闘い旧来の殻を破って革新に進もうとしながらも、なかなか思うように物事が進まず、様ざまな問題が表面化する年になるといわれています。何となく、うなずけるところがあるように思います。
それに対して来年の乙未(きのとひつじ)は、「乙」という文字は草木が地面を割って芽を出そうとしている象形であり、外部の抵抗を跳ね除け新しい改革の歩みを進めることを意味しています。
「未」は「木」に若い枝を表す「一」が加わり、木の繁茂を示すもので、繁茂が過ぎて暗く陰気になりがちなことを表します。
つまり来年の乙未は、旧来の慣習を打破する行動の中で困難や抵抗に直面し、多くの面倒な問題が発生しながらも、改革に取り組む年になることを予見しています。
今年に続いて「またか」と言う予見ですね。しかし、これをチャンスと捉えなければなりません。「事興るは逆境にあり」。古い観念や紋切り型の論理に振り回されるのではなく、躍進に向けイノベーションとぶれない行動で新たな取り組みのスタートとなる年にするのです。
今年は和泉市立病院の指定管理者制度への移行、プロ野球オリックスバファローズ和泉市民観戦デー、和泉ウォーカー発刊やパスポート窓口の開設など、今までにないような事業に手をつけた年でした。
また、大阪府内で初となるコストコ・ららぽーとがオープンし、東洋経済新報社の「都市データパック2014年版」では、成長力ランキング全国4位の評価をいただくなど、和泉市にとっては実り多き年であったように思います。
この勢いを来年につなげてまいりましょう!
皆様にとって、来年も実り多き一年でありますことをご祈念いたしまして、今年最後の挨拶とさせていただきます。
それでは、よいお年をお迎えください。
 

2014年12月16日

こんにちは。
早いもので今年も残すところ2週間余りとなりました。
皆様にとって、平成26年はどのような年だったでしょうか。
今回のブログでは、私の選ぶ今年の5大ニュースで、1年を振り返ってみます。

1.  市立病院が民間運営に
 4月1日から和泉市立病院が指定管理者(医療法人徳洲会)による民間運営に移行しました。大きな混乱もなくスムーズに診療が引き継がれ、現在は平成30年の新病院オープンに向けて鋭意取り組みを進めています。
2.  2万人を超える大観衆の前で和泉市をアピール
 7月21日のプロ野球和泉市民観戦デーでオリックスバファローズの応援に行った際、試合開始前にご挨拶をさせていただきました。人生で最も多くの人の前で話をすることになり、若干緊張しましたが、大観衆に和泉市の魅力をアピールできました。
3.  周年記念行事まっさかり
 今年は和泉大阪ライオンズクラブと和泉青年会議所が50周年、和泉商工会議所と国際ソロプチミスト大阪りんくうが20周年、いずみそれいゆライオンズクラブが10周年を迎えられました。今後ますます発展されることを願っています。ちなみに和泉市は2年後の平成28年に市制施行60周年を迎えます。
4.  コストコ、ららぽーとのオープン
 6月にコストコ和泉倉庫店が、10月にららぽーと和泉がオープンしました。連日多くの来店者で賑わっています。どちらも大阪府内初出店で、和泉市のセールスポイントに加わりました。
5.  成長力全国第4位
 東洋経済新報社から毎年発刊されている「都市データパック」の2014年版において、成長力部門で全国813の自治体中第4位となりました。産業の伸びが高評価に繋がったようですが、この結果に満足せず、さらに市内産業の活性化に取り組みます。

おまけ・・・我が家の家族が増えました。
  と言ってもペットの話ですが・・。犬が1匹増えて2匹に、猫も1匹増えて4匹になりました。新しい家族が増えても猫たちは相変わらずのマイペースですが、犬は妹ができて喜んでいるようです。

現在、和泉市ではインフルエンザが流行傾向にあり、幼稚園、小中学校の学級閉鎖が増加しています。
うがい、手洗いなど、予防対策をしっかり行い、体調には十分ご留意ください。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ