現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2018年12月

平成30年12月28日

 平成最後の年の瀬となりました。

 阪神大震災や東日本大震災などの大災害が発生し、ここ数年、毎年のように自然災害が大きな被害をもたらし、平成最後の年の漢字も「災」となりました。また人口減少や東京一極集中など、さまざまな課題に直面した平成の時代でありました。

 来年5月には、新元号となります。平成での経験を礎に、どんなことがあってもうろたえない、ぶれない覚悟と行動力を持って時代に対応していきたいものです。

 本市において本年は、4月に悲願の「和泉市立総合医療センター」がオープンし、また9月1日には、陸上自衛隊信太山駐屯地のご協力を頂きまして「和泉市のど自慢・いずみの国納涼花火大会」を開催させて頂きました。一方で、台風21号が甚大な被害をもたらし、未だに完全な復興は遂げられていません。

 来年の己亥(つちのとい)年は、現状を維持し次のステージに向けて力を蓄える準備期間の年だそうです。今年の経験を礎に、来年は災害時の拠点となる新庁舎整備をはじめ安心安全に不可欠な施策を着実に推進するとともに、強靭な和泉市政の実現に努めてまいりたく思っております。

 また2025年開催の大阪万博に向け、衛星都市においても国際化が必ず進んでまいります。和泉市が国際都市になるための一歩として、来年3月末に和泉市役所で職員を対象としたTOEICを実施します。これからも新しい発想で色々な事に果敢に挑戦してまいりますので、温かく力強いご支援とご協力をお願い申し上げます。

 Thank you for everything this year.

 Wishing you a bright and happy New Year!

 一年間、本当にありがとうございました。

 輝かしい新年をお迎えください。

平成30年12月25日

 12月23日、横浜DeNAベイスターズの桑原将志選手からご寄贈頂きました軟式野球ボール26ダースを和泉市軟式野球連盟の協力のもと、和泉市少年軟式野球協会を通じて、市内の少年軟式野球チームの皆さんにお渡ししてきました。
 これは、昨年12月、桑原選手に「いずみの国ふるさと大使」にご就任頂いた際、2018年の「ホームラン数と盗塁数の合計」と同じだけの野球ボールをご寄贈頂けるというお話が実現したもので、ホームラン数9本、盗塁数17個の合計26ダースを頂いたものです。
 今シーズン、横浜はチーム成績としては4位という結果に終わりましたが、桑原選手自身としては、史上67人目となるサイクル安打を放つ活躍もあり、来季もさらなるご活躍を期待しております。

 野球チームの皆さんにおかれましては、桑原選手から頂いたボールと、ボールに託された「思い」を大切に、日々の練習にしっかりと励んで頂き、近い将来、和泉市から第2、第3の桑原選手が生まれることを楽しみにしています。

軟式野球ボール寄贈式写真

平成30年12月12日

 本日の19時から藤岡幸夫さん指揮による関西フィルハーモニー管弦楽団(以下、関フィル)の演奏会が弥生の風ホールで行われます。

 関フィルは東大阪市と「文化芸術のまち推進協定」を締結し、演奏会や中学校・高等学校音楽系クラブへの巡回演奏指導をはじめ、市の文化芸術・教育の振興に貢献されています。

 今回の演奏会は、日ごろからご懇意にしていただいている、野田東大阪市長のご紹介で実現したものです。演奏会では、中学校の吹奏楽部とのコラボレーションもあり、本日のために関フィルが学校に入って指導してくださいました。

 これを契機に和泉市の文化芸術や教育にご協力いただけたらと思っております。当日券もあるとのことですので、この機会に是非関フィルの演奏を楽しんでいただけたらと思います。

 

 

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ