現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2019年12月

令和元年12月26日

本日、令和元年度第3回和泉市総合教育会議を開催させて頂きました。
年末の大変忙しい時期にも関わりませず、教育委員の皆様にお集まり頂き、活発な意見交換を行って頂きました。
本日のテーマは、策定して5年目を迎えている和泉市教育大綱と和泉市教育振興計画の取組み状況についてです。今回は学校教育部に関する事項について、意見交換をさせて頂きました。内容は事業の取組目標に対する達成状況と今後の方向性についてです。
目標として掲げていますのは「自らの未来を切り拓く確かな学力の育成」「豊かな心の育成」「たくましく生きるための健康・体力の増進」「国際社会の中で活躍する人材の育成」「家庭・地域と連携した健全な子どもの育成」「教育環境の充実」です。
それぞれの目標にかかる取組みについて、教育委員会事務局が説明や方針を示し、各委員さんからご意見やご質問を頂きました。特に学力向上や学校と地域の関係については、多くの意見を頂きました。
1年に3回のペースで総合教育会議を開催する自治体はそれほど多くありません。これも熱心な教育委員の皆様のおかげと感謝いたしますとともに、これからも宜しくお願いいたします。
人材育成の根幹である教育を充実させることが、和泉市の魅力アップにつながります。これからも総合教育会議で検討した事業の実現に向け、しっかりと取組みを進めてまいります。
 

 

令和元年12月23日

12月21日(土曜日)にいずみ市民大学の卒業式と卒業生の研究発表が行われ、私は学長として出席しました。

同大学も、今期で4期目の卒業生を送り出すことができました。平成28年の開校以来、コーディネーターをお願いしているNPO法人サインの宝楽様、また今年度からコーディネーターに加わっていただいたNPO法人サービスグラントの堀様のお陰で、とても充実した内容の講座を提供できたと思います。

随分前の話ですが、筑紫哲也さんが学長の「自由の森大学」や、定期的に大阪市内で行われていた「関西市民大学」の授業を何度か受講しました。本当に素晴らしい講義内容で、沢山の気づきや学びを頂きました。

市長に就任した当初より、和泉市でもこんなことをしてみたいと思っていたのですが、4年前に念願がかない、開校の運びとなったのです。

この卒業式に先立ち、今月14日(土曜日)には、いずみ市民大学の卒業生で組織する「学友会」のメンバーが中心となって、「まちセミ・IZUMI」のイベントが、北池田中学校で開催されました。いずみ市民大学が、この様な形で発展し、まちの活性化に繋がっていくと思っていませんでしたので、驚くとともに嬉しさがこみ上げてきました。

「まちセミ・IZUMI」では、「誰でも先生、誰でも生徒、みんなで一緒に学校ごっこ」をコンセプトに、バラエティに富んだテーマで18の講演が行われ、拝聴していて和泉市の市民パワーの可能性に心躍る思いが致しました。

来年度、5年目を迎えるいずみ市民大学まちづくり学部は、より魅力ある学科・カリキュラム編成に向けて検討を進めております。是非、皆様には受講をご検討頂きたく思います。

 

 

いずみ市民大学卒業式写真

令和元年12月13日

12月4日に発生しました市役所等のコンピュータシステムの不具合は、おおむね通常どおりの業務を再開しましたが、一部発生しているシステム障害の影響のある業務については、次のページでご確認ください。

システム障害による一部窓口業務の停止等について

 

12月12日は、何の日だったかご存知ですか?
そうです、漢字の日です。昨日の午後2時、「今年の漢字」が「令」になったと発表されました。
2位が「新」で3位が「和」であったことからも、令和という新時代を迎えたことが、大きく影響したのかなと思います。
その令和元年も、あと2週間余りとなりました。年が明けると令和初めての元旦を迎えます。2020年という区切りの良さや、干支の初めの子年であること、また日本が高度成長時代に入るきっかけとなったオリンピックが、56年ぶりに東京で開催されるということもあって、新時代の幕開けという期待感があります。
そんな新年を希望に胸を膨らませて迎えるためにも、令和元年の年末を気を引き締めて納めたいと思います。

令和元年12月10日

 

124日に発生しました市役所等のコンピュータシステムの不具合では、市民の皆様にご不便をお掛けし申し訳ありません。現在復旧作業に取り組んでおります。復旧状況については、次のページでご確認ください。

システム障害による一部窓口業務の停止等について

 

 

2020年、56年ぶりに日本で行われるオリンピック・パラリンピック東京大会で、和泉市がホストタウンとなるセネガル共和国の特命全権大使ゴルギ・シス閣下が、受入れに対する謝意を表すため、和泉市を訪れてくださいました。

和泉市が受入れたのは事後交流型ホストタウンで、大会直後にオリンピック出場選手を招いて、スポーツ関連イベントなどにより、交流を深めるものです。

和泉市にとって、アフリカの国や都市との交流は今回が初めてです。大使からは「セネガル共和国は政治が安定しており治安も良く、また風光明媚な名所も沢山あるので、これを契機に友好関係を築いて、幅広い交流を図っていきたい」とのコメントがありました。

来年はセネガル共和国と日本が友好関係を築いて60年を迎えるそうです。和泉市としても一緒にその喜びを分かち合いたく思います。

セネガル共和国特命全権大使写真

令和元年12月9日

 令和元年も余すところ、3週間余りとなりました。
 11月は文化祭等の行事が立て込み、それに加え全国市長会の会合等で市外へ出ることが多かったので、久々のブログ書き込みとなりました。
 昨日の日曜日も、朝の吉本芸術文化祭から夕方の和泉市民文化祭いずみの国太鼓クリエイションまで多くの事業に参加させて頂きました。
 今年の流行語大賞は、「ワンチーム」に決定したとのことです。今年はラグビーワールドカップで、日本中が大いに盛り上がり、一体感を感じることができました。ワンチームという言葉が注目されたのは、実はさかのぼる事24年前、南アフリカでアパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃され、初めてラグビーワールドカップが南アフリカで開催されたとき、初出場初優勝を遂げた南アフリカで生まれた言葉でした。ワンチーム、ワンカントリーという言葉で大いに盛り上がり、スポーツで人種の壁を越えて国が1つになったという出来事でした。今年日本で行われたワールドカップでは、初めての黒人キャプテンが誕生した南アフリカが優勝しました。近年、日本において外国人労働者が増加する中で、歴史の変遷を感じさせる大会だったようにも思います。
 太鼓クリエイションでも、演奏する側だけではなく、会場の皆さんが演奏者とワンチームとして一体となった素晴らしい盛り上がりとなったようです。
 年末に向けて、まだまだ和泉市では市民の方々が中心となった素晴らしい事業が行われます。こぞって参加していただき、素晴らしい年末を締めくくっていただきたいと思います。
 また、今週12日(木曜日)から令和元年和泉市議会第4回定例会本会議にて一般質問が始まります。議会の傍聴や、インターネットによる中継も行っておりますので、ご利用ください。

和泉市議会中継

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ