現在の場所

輝け和泉市ひろみち通信:2019年4月

平成31年4月18日

 

平成31年度の和泉市年輪大学院の開校式に出席してきました。

同大学院は、和泉市社会福祉協議会が主催されています。また入学される方々は、すでに和泉市年輪大学を卒業され、さらに色々なことにチャレンジしようと向上心を持っている方ばかりで、大変心強く思うと共に、受講生の皆様に心から敬意を表します。

あと2週間足らずで「平成」から「令和」に改元されます。「令和」の意味するところは、以前にも紹介しましたが、万葉集にある言葉を引用したもので「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味です。

今後、人口減少社会、第4次産業革命などで、社会のあり方や制度が大きく変化を遂げていく中にあっても、住んでいる地域で豊かさや躍動感を感じるためには、人の力や人と人とのつながりが何より重要です。

年輪大学院で学ばれた皆様方が、地域のリーダーとなり美しい心を寄せ合い、地域や次世代に和泉市の文化やボランティアの精神を継承して頂けるものと大いに期待しています。

年輪大学院開校式写真

平成31年4月9日

 

 平成31年度の当初の校園長会議に出席してきました。

 日々、教育活動と学校・園運営の最高責任者として、様々な課題や事案に対応して頂いている校園長の皆さんには、熱意と使命感をもってがんばっていただいており、感謝の気持ちを伝えてきました。

 ところで、和泉市における教育、学術及び文化の振興を図るために定めた「和泉市教育大綱」の基本理念は、「和と礼を重んじ、知・徳・体を備えた 社会に貢献する人材の泉」です。和泉市の大綱ですので和で始まり泉で結んでいますが、出だしが和と礼、逆にすると礼と和、礼和。なんと新元号と同じ音なのです。

 4年前の平成27年に創ったのですが、時流に乗っているような気がして、何か嬉しく思います。

 この理念を体現すべく、「確かな学力」と、「豊かな心」、そしてたくましく生きるための「健康・体力」を備えた、社会に貢献できる人材を育てるため、「令和元年」が、教育現場にとっても素晴らしい1年になるよう様々な取り組みを進めてまいりたく思います。

平成31年4月1日

 

 新元号が、「令和」に決まりました。和泉市の「和」が元号の一文字になった事が、とても有難く嬉しく思います。

 この「令和」には「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められており、万葉集にある文言から引用されたとの事で、日本古典に由来しています。

 今から60年前の昭和34年の410日、当時の皇太子明仁親王殿下と正田美智子さまがご結婚されました。ダイヤモンド婚式を迎えられます本年、430日に皇居の正殿で「退位礼正殿の儀」が行われ、今上天皇は304か月にわたる御在位をおえられ、51日から「令和」の時代が始まります。

 私は昭和348月に和泉市で生まれ、本年、還暦を迎えます。還暦の年に新しい元号を迎えられる事に、感慨深い何かを感じます。

 また、「平成」から「令和」へと受け継がれる本年度、「和泉躍進プラン」から受け継がれる、新たな計画の策定を予定しています。

 この新たなプランで、“ひとをつなぐ”、“資源をつなぐ”、“世代をつなぐ”の3つのまちづくりの視点をもって取組みをすすめ、「令和」新時代にふさわしい「共生のまち和泉」をめざしてまいります。

Clip to Evernote このエントリーをはてなブックマークに追加
お問い合わせ先
〒594-8501
大阪府和泉市府中町二丁目7番5号
和泉市 市長公室 秘書課
電話:0725-41-1551(代表) 0725-99-8166(直通)
ファックス:0725-45-9352
メールフォームでのお問い合わせ
輝け和泉市ひろみち通信(市長のブログ)

ページの先頭へ